工場の仕事内容
更新日:2022年07月11日

工場は人間関係を気にせず働ける!製造業なら「ぼっち」でも活躍できる?

工場は人間関係を気にせず働ける!製造業なら「ぼっち」でも活躍できる?

※この記事は6分で読めます。

工場の仕事は、何といっても初心者でも始めやすいのが魅力です!

しかし、製造業に興味がありつつも、「ものづくりに関わる職人って何だか怖そう…」「そもそも人とうまくコミュニケーションが取れない…」など、人間関係がうまく構築できるか不安に思っている方もいるでしょう。

今回はそんな不安を解消するために、工場の雰囲気や人間関係についてご紹介します!工場勤務の仕事に興味を持っている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 1.工場勤務には”ちょうどいい”人間関係がある
    1. 1-1.人間関係が良い工場の特徴
    2. 1-2.人間関係が悪い工場の特徴
  2. 2.”ちょうどいい”人間関係の工場・製造業の仕事
    1. 2-1.自動車のライン生産
    2. 2-2.マシンオペレーター(機械操作)
    3. 2-3.検査・検品
    4. 2-4.シール貼り
    5. 2-5.ピッキング
    6. 2-6.清掃・洗浄
  3. 3.工場勤務の人は休憩時間に何をして過ごしてる?
    1. 3-1.休憩中の「コミュニティ」が自然とできる
  4. 4.工場勤務で人間関係を悪化させない6つのポイントとは?
    1. 4-1.遅刻や欠勤を無断でしない
    2. 4-2.挨拶は大声自分から積極的にする
    3. 4-3.相手の目を見て話す
    4. 4-4.謙虚な態度で過ごす
    5. 4-5.人の悪口や噂話にのらない
    6. 4-6.仕事に慣れるにはスタートダッシュが大切
  5. 5.ガツガツいくのは×!ほどよい距離感を探っていくのが◎
    1. 5-1.気になる人にはちょっとずつ声をかける。いきなりガツガツいかない
    2. 5-2.とにかく挨拶をしっかりする。必ず目を合わせる
    3. 5-3.挨拶にも工夫を。雑談を盛り込むのもおすすめ
    4. 5-4.先輩に対して隙を見せる。いじられる、かわいがられる能力を身に付ける
  6. 6.人間関係が良い工場の求人の探し方
    1. 6-1.働きたい工場の見学をする
    2. 6-2.求人サイトや転職エージェントに相談する
    3. 6-3.知人に紹介してもらう
    4. 6-4.働いた体験談や口コミが良い工場を選ぶ
  7. 7.まとめ

1.工場勤務には”ちょうどいい”人間関係がある

C036_01

まず、誰もが気になることといえば「工場の雰囲気」です。

工場に対して、「黙々と作業しなければいけない場所」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、工場勤務の仕事には「ちょうどいい人間関係」があります。では、人間関係が良い工場と悪い工場の違いとは何なのでしょうか。それぞれの特徴を解説します。

1-1.人間関係が良い工場の特徴

まずは、人間関係が良い工場の特徴です。

1-1-1.従業員の様子をこまめに確認している

人間関係が良い工場では、上に立つ立場の人が常に従業員の様子を確認しています。

こまめに従業員の様子を確認することで、作業中のトラブルや人間関係の変化にいち早く気づくことができ、適切な対処ができます。

1-1-2.最新の機器が揃っている

最新の機器を使用している工場では、従業員に余計な負担がかからず、人間関係にも良い影響を及ぼしています。

機器が古いものだったり、設備が不十分だったりすると作業がスムーズに進まず、納期が遅れたりミスが発生したりして、現場の空気が悪くなります。

一方、最新の機器が揃っていると作業がスムーズに進み、従業員に精神的に余裕が生まれます。従業員が働きやすい環境を整えることを第一に考える工場ほど、人間関係が良い傾向にあるのです。

1-1-3.上司と部下の仲が良い

上司と部下の仲が良いと、困ったことがあったときに部下が上司に相談しやすくなります。

上司が部下を気にかけ、お互いに信頼しあい、評価や管理がしっかりされている工場はトラブルが起きにくく、気持ちよく働くことができます。

1-2.人間関係が悪い工場の特徴

次の、人間関係が悪い工場の特徴についてお伝えします。

1-2-1.従業員の管理がずさん

大前提として、従業員がしっかりと働くことで会社に利益が生まれます。

それなのに上司の従業員の管理がずさんで、一人ひとりをしっかり見ていない職場では、従業員が不満を持ってしまい、そのストレスが次第に人間関係にも影響してきます。

1-2-2.仕事上のルールが決められていない

仕事上のルールが決められていないと、ミスや責任の押し付け合いになりかねません。

そうした出来事が頻繁に起きれば、当然ながら工場の空気が重くなり、働きにくくなります。

1-2-3.人材が足りていない

人材が足りていない職場では、従業員一人ひとりの作業量が増えます。

負担が増えると必然的に残業が増え、プライベートの時間を確保できずストレスの原因になります。そのストレスが積み重なると、トラブルが起きる可能性が高くなり、自然と人間関係も悪い方向に向かってしまいます。

1-2-4.パワハラ、セクハラがある

上司によるパワハラやセクハラがある職場は、工場に限らず人間関係が良いとは決していえないでしょう。

パワハラやセクハラをする人がいるにもかかわらず、職場が何も対処もしないようであれば、転職を視野に入れたほうがいいかもしれません。

2.”ちょうどいい”人間関係の工場・製造業の仕事

それでは、実際に”ちょうどいい”人間関係がある工場・製造業の仕事には、どんなものがあるのでしょうか。主な仕事の例をお伝えします。

  • 自動車のライン生産
  • マシンオペレーター(機械操作)
  • 検査・検品
  • シール貼り
  • ピッキング
  • 清掃・洗浄

それぞれの仕事についてお伝えします。

2-1.自動車のライン生産

ベルトコンベアの上を流れる車体の加工・組立をおこなう自動車のライン生産の仕事では、一つの工程につき2人ずつ、ベルトコンベアを挟んでそれぞれ作業します。

そのため、滞りなく作業を進められている方の中には、向かい合わせの同僚と「明日の休みは何するの?」「今日は調子悪いじゃん!あんまり寝てないの?」などとコミュニケーションを取ることもあるようです。

2-2.マシンオペレーター(機械操作)

工場で使う機械を操作するマシンオペレーターの仕事は、複数の人が決められた場所に設置されたパソコンを操作し、機械に指示を出していきます。

人とすれ違う機会が増えるため、その際に同僚と声を掛け合うこともあるようです。「昨日パチンコ屋で見かけたよ!」など、普段話したことがない方との交流も広がるでしょう。

2-3.検査・検品

工場には、一人ひとりが黙々と作業する仕事もあります。

検査・検品では、顕微鏡やルーペなどをのぞき、工場で作り上げた製品に不良がないかをじっくりとチェックしていくため、周囲との会話は少なく、目の前の作業に没頭しやすい環境があります。一人で作業に集中したい方だけでなく、コミュニケーションが苦手という方にも向いている仕事といえるでしょう。

このように業種や職種によって違いはありますが、工場は「私語厳禁」という訳ではなく、作業をちゃんとこなしていれば、同僚と気軽にコミュニケーションを取れる環境があります。接客業や営業職よりも人対人のやり取りが減るため、人との関わりで気疲れすることなく仕事に打ち込めそうです。

2-4.シール貼り

シール貼りは、その名の通りシールを貼る仕事です。食品や化粧品の成分表、宛名シールなど、貼る対象はさまざまです。

シール貼りの仕事は一人で作業することが多く、ミスがないよう集中して作業する必要もあります。無理に職場の人と付き合うことがないため、人間関係に深く入り込むことなく仕事ができるでしょう。

2-5.ピッキング

ピッキングは、倉庫内で指定された品物を集めて検品担当者や梱包担当者へ受け流すのが主な仕事内容です。

できるだけミスを出さない正確性が求められるため、一人で集中して作業する時間が多くなります。連携を図るため周りの人と会話をすることもありますが、適度な距離感を保てるため、人と関わることが得意ではない人におすすめです。

2-6.清掃・洗浄

清掃・洗浄は、製品に菌や異物が混入しないように工場や機械をきれいにする仕事です。

基本的に毎日同じ作業のため、黙々と作業できる人ほど清掃・洗浄の仕事に向いています。同じ清掃場所を複数人で担当することもありますが、それほど会話をすることはないので、ちょうどいい人間関係を保ちながら仕事ができるでしょう。

3.工場勤務の人は休憩時間に何をして過ごしてる?

工場勤務で人間関係を作っていくうえで重要なのが、休憩時間の過ごし方です。工場で働く人たちはどんなことをして過ごしているのでしょうか?

3-1.休憩中の「コミュニティ」が自然とできる

ある職場では、休憩中は主に以下のようなコミュニティに分かれるといいます。

  • タバコ派(喫煙所での一服)
  • 一人スマホ派(ソシャゲやネットサーフィン)
  • 寝る派(休憩室でひたすら寝る)
  • お茶しながら談笑派(パート同士で談笑していることが多い)
  • トイレから出てこない派(個室でひっそり寝てる)

喫煙所で同僚と談笑したり、ゲームに没頭したり、トイレで誰にも邪魔されずリラックスしたり...コミュニティに分かれつつも、各々が自由に過ごしているようです。 他業種では、強制的に皆で昼食に連れて行かれたり、休憩室でじっと過ごしたりすることもあると考えると、一人ひとりが気楽に過ごしやすい環境があるといえそうです。

4.工場勤務で人間関係を悪化させない6つのポイントとは?

自分の立ち回り次第で、人間関係は良くも悪くもなることを知っておきましょう。ここでは、工場で人間関係を悪化させない、6つのポイントについて紹介します。

  • 遅刻や欠勤を無断でしない
  • 挨拶は大声自分から積極的にする
  • 相手の目を見て話す
  • 謙虚な態度で過ごす
  • 人の悪口や噂話にのらない
  • 仕事に慣れるにはスタートダッシュが大切

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

4-1.遅刻や欠勤を無断でしない

当たり前のことなのですが、無断で遅刻や欠勤をすると、一緒に働いている方や上司の方からの信用が無くなってしまいます。

製造工場では一人でも従業員が減ってしまうと、周囲への負担は大きくなります。一人が休むと、作業のしわよせを誰かがかぶらなくてはなりません。加えて、無断の遅刻や欠勤を繰り返すことは、一緒に働いている人々にかなりの迷惑をかけるので、工場勤務で人間関係を悪化させたくなければ、遅刻や欠勤はしないようにしましょう。

体調不良などで休まなければならないときは、上司への連絡を早めにすることが大切です。休む理由をちゃんと説明して、理解を得るようにしてください。

4-2.挨拶は大声自分から積極的にする

「おはようございます」「お疲れ様です」といった挨拶は、工場の人間関係を良好に保つために必須です。

工場勤務をしている方は、比較的人見知りの方が多いため、あまり挨拶をしない方もいます。しかしながら、挨拶やお礼が言えない方は、相手を不快な気持ちにさせてしまうことがあります。そのため、自分から挨拶やお礼の言葉を発していくようにしましょう。

例として、仕事のやり方を教わったら「ありがとうございます」、些細なことでも、なにかしてもらったら「助かりました」、帰るときには「お先に失礼致します」と相手に聞こえるように大きな声で挨拶をしましょう。挨拶をすることにより、職場の雰囲気も良くなりますので、基本の挨拶は忘れてはいけません。

4-3.相手の目を見て話す

会話をするときは、恥ずかしがらないで、話す相手の目を見て話すことが大切です。目が合わないと、話を聞いている相手はあまり良い気分にはならないでしょう。

もしかしたら、目を見ないだけで嫌われてしまうケースもあるかもしれません。不快なことを言ったつもりがなくても、周りの方から変な目で見られていると感じたら、話を聞くときの目線や自分の表情をチェックしてみることも必要です。

4-4.謙虚な態度で過ごす

謙虚さを忘れないことはとても重要です。「自分にはまだまだ至らないところがたくさんある」と、普段から意識しておくと良いでしょう。謙虚な気持ちを持っていれば、あまり悪く思われることもありません。

実際のところ、昨日と今日で上司からの指示の内容が変わったり、これまで何も言われなかったのに急に指摘されるようになったりすることもあるでしょう。そんなときに、思わず怒りがこみ上げてきて、感情が抑えられなくなることもあると思います。しかし、怒りを爆発させてしまうと、今まで良かった人間関係が一気に壊れることがあります。

そういったときには、まず「6秒間我慢」してみましょう。アンガーマネジメントといって、6秒間我慢すれば怒りの感情を抑えられると言われています。我慢することで、「やってしまった」と後悔することもなくなるでしょう。

4-5.人の悪口や噂話にのらない

親交を深めるために仕事以外の話をすることは大切ですが、人の悪口や噂話をされた際には同調しないようにしましょう。いつどこで誰が聞いているかわかりません。

自分は悪口や噂話をしていなくても、その場にいたというだけで加害者だと思われてしまう可能性があります。人の悪口や噂話は、後々人間関係の悪化につながる恐れがありますので、そのような場に居合わせた場合には、話題をそらすかその場から立ち去るようにしましょう。

4-6.仕事に慣れるにはスタートダッシュが大切

まずは、一緒に働く仲間から認められるのが一番です。そのためには、働く初日が一番大事です。仕事を覚えるまでは、先輩から色んな作業のことを教えてくれるので、初日から先輩の仕事をしっかり見て、覚える努力をする意気込みがとても重要です。

また、仕事の覚え方として、教わったことはすぐにメモに取るよう心がけましょう。メモを取らずに仕事を続けていると、わからなくなったときに何度も先輩に同じことを聞きに行くことになります。そうなると、先輩との関係も悪くなりかねません。

メモを取る姿勢からは、仕事に対する熱意を感じることができます。「教え甲斐がある」と思ってもらうためにも、メモをうまく活用しながら、少しでも早く仕事に慣れましょう。

5.ガツガツいくのは×!ほどよい距離感を探っていくのが◎

C036_02

工場勤務で人間関係を良好に保つなら、周りの方とほどよい距離感を保って仕事をすることも大切です。ここでは、具体的なコミュニケーション方法についてお伝えします。

5-1.気になる人にはちょっとずつ声をかける。いきなりガツガツいかない

多くの方が働き、“ちょうどいい”距離感を大事にしている職場だからこそ、いきなりガツガツ話しかけてしまうと、「何だこの人...」と逆に距離を置かれてしまいかねません。

これは先輩・後輩の関係でも同様です。先輩へガツガツいくことは少ないと思いますが、後輩との距離感もほどよく保つことをおすすめします。

5-2.とにかく挨拶をしっかりする。必ず目を合わせる

ほどよい距離感を保つべきといっても、挨拶は必ずするべきです。出勤時、退勤時には工場にいる全員に挨拶をするのが良いでしょう。

また、挨拶をするときは目を見ることが大切です。相手の目を見ないと、誰に挨拶しているかわかりません。きちんと挨拶し、真面目に働くこと。これが同僚にとっての最大の好印象につながります。

5-3.挨拶にも工夫を。雑談を盛り込むのもおすすめ

距離感を探りながらも、相手との距離を自然につめていくには、毎日の挨拶に雑談を盛り込むのもおすすめです。

仕事のこと、最近のニュースのこと、自分の趣味のことなど、軽く話してみるのが良いでしょう。気をつけるべきなのは、相手のプライベートに深入りするような話をしないことです。自分にとっては何気ない話でも、相手にとってはあまり話したくない可能性もあります。

5-4.先輩に対して隙を見せる。いじられる、かわいがられる能力を身に付ける

先輩にとって「かわいい後輩」の存在はうれしいものです。自分の隙を見せて、思わずいじりたくなる状況を作ってみれば、職場で存在感を見せることができるはずです。

仕事の相談をして、仕事面でも先輩との距離を近づけるのも有効です。

6.人間関係が良い工場の求人の探し方

それでは、人間関係が良い工場の求人はどうやって探せば良いのでしょうか。以下の4つの方法をご紹介します。

  • 働きたい工場の見学をする
  • 求人サイトや転職エージェントに相談する
  • 知人に紹介してもらう
  • 働いた体験談や口コミが良い工場を選ぶ

それぞれの方法についてお伝えします。

6-1.働きたい工場の見学をする

すでに「ここで働きたい!」と思っている工場があるなら、一度見学に行くのがおすすめです。

職場の雰囲気や人間関係は、実際にその場に行ってみないとわかりません。働きたい工場が見学を受け付けているのであれば、積極的に参加し自分の目でしっかりと確かめましょう。

6-2.求人サイトや転職エージェントに相談する

一人では人間関係が良い工場の探し方がわからない人もいるでしょう。その場合は、求人サイトを活用したり、転職エージェントに相談したりしてみましょう。

求人サイトでは、求人を出している企業がそれぞれの視点から自社の魅力をアピールしています。また、転職エージェントでは仕事探しのプロが相談に乗ってくれるため不安が解消でき、自信を持って転職活動ができます。

6-3.知人に紹介してもらう

あなたの周りに、今工場で働いている、また働いた経験がある方がいるのであれば、その工場がどんな雰囲気だったかを聞いてみましょう。

知人経由で現場の様子を事前に知り、工場勤務のおおまかな雰囲気がつかめれば、安心して仕事に就けるかもしれません。

6-4.働いた体験談や口コミが良い工場を選ぶ

「工場名 口コミ」などのワードでインターネット検索をかけると、実際にその職場で働いたことのある方の口コミや体験談が見られるサイトが出てきます。

実際に働いた経験がある方の投稿を見られるので、情報収集の一つとしてうまく活用しましょう。評判が良い工場であれば、人間関係も含め職場環境がしっかりしている可能性が高いでしょう。

7.まとめ

今回は、工場の人間関係についてお伝えしました。ポイントをまとめると、以下のとおりです。

工場の人間関係のポイント

  • 1.業種や職種によっては気軽にコミュニケーションを取れる機会がある。
  • 2.検査、検品は一人で黙々と作業するため、一人で作業に集中しやすい。
  • 3.仕事も休憩時間も一人で気楽に過ごしやすく、一人で居ても珍しくない。
  • 4.さまざまな人が働いており、“ちょうどいい”距離感がある。
  • 5.気になる人にはちょっとずつ声をかけるのがいい。
  • 6.とにかく挨拶をしっかりし、真面目に仕事に取り組むことが大切。
  • 7.先輩に対して隙を見せるとかわいがられる。

お伝えしたポイントを踏まえて、求人情報などをチェックしてみると、工場の仕事がグッと身近に感じられるはず。ぜひ製造業への就職・転職をかなえて、新しい職場を楽しんでくださいね!

UTグループでは、製造業界で一緒に働く仲間を募集しています。高卒や大学中退された方でも、やる気がある方を積極的に採用しています。

充実した研修制度もありますし、全く知識がなくても大丈夫です。先輩社員もいるので、仕事中分からなくなってもすぐに相談できます!

まずは「応募」していただき、面接まで進んでいただければ、どんな感じで働くのかなど詳しくお伝えします!皆さんから質問にお答え致しますので、まずは「応募」してみてください。

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.