30代活躍中の工場求人・派遣・仕事探し【JOBPAL公式】

30代活躍中のJOBPAL求人特集ページです。ここで紹介する求人は、30代の方が多く活躍している30代におすすめの求人です。条件に合った求人や気になる求人を見つけた方は、WEB応募をおすすめします。お気に入りリストに追加しておいて後から確認することも可能です。

条件から30代活躍中の求人を探す

特徴からお仕事を探す

雇用形態からお仕事を探す

キーワードで探す

30代活躍中の求人一覧

30代が工場で働くメリットとは

工場勤務を検討している30代の方は、製造業未経験の方と製造業経験者の方とにわけられます。

製造業未経験者にとっては、マニュアルが整備されているため未経験者歓迎の職場が比較的多いことが工場勤務のメリットといえます。製造業経験者の方は前職の知識やスキルが活かしやすいことがメリットといえるでしょう。

業績が好調な業界へ転職する場合は収入アップも期待できます。製造業といっても自動車部品や電子部品、化学製品など、製造されるプロダクトは幅広いため、前職の経験を活かすことができかつ給与アップも期待できる業種がないか業界全体を見渡してみるのも良いかもしれません。休日日数や諸手当、賞与など待遇面の良い会社に転職できれば、家族と過ごす時間を取りやすくすることも可能です。

業界未経験者の30代に対しても門戸が広いこと、また家庭のある方にとっては、制度が整っている会社でワークライフバランスを重視した働き方を目指せる点が工場勤務のメリットといえるでしょう。
制度面は職場によって大きく異なるため応募前・面接時に必ずチェックするように気をつけましょう。

30代が活躍している求人に関するよくある質問

  • 30代におすすめの業種・職種を教えてください。

    自身の向き不向きにあわせて職種を選ぶのがよいですが、30代で収入アップを目指している場合は供給不足が叫ばれている半導体業界や前職の経験を活かせる職種がおすすめです。

    30代の方が製造業に就職する場合、製造業内の異業種からの転職と製造業外からの転職とに分けられます。

    製造業は現場でものづくりをする仕事の他にも、プロダクトの企画・研究開発、設計、またプロダクトの販売促進をする営業や広報、その裏で会社を支える事務仕事など多くの仕事があります。またそれぞれの大まかな業務内容は似通っている特徴があるため、異業種からの転職では職種を変えずに前職の経験を活かすことが可能です。

    収入アップを見込んで供給不足が叫ばれている半導体業界に転職したり、食料品、医薬品関連など自身の興味のある分野への転職に挑戦してみるのも良いでしょう。

    現場で黙々と作業をしたい、製品が組み立てられていく工程に関わりたいという方は、工場勤務の仕事がおすすめです。「組み立て」や「仕分け」、「機械オペレーター」などの職種があり、その多くは業務内容がマニュアル化されているため、未経験歓迎の求人も多くあります。

  • 30代が工場で働く場合の給料相場を教えてください。

    雇用形態や職種によっても異なりますが、給料相場は22万円〜33万円程度が目安と考えられます。

    令和4年賃金構造基本統計調査によると、製造業における30〜34歳の賃金は261,100円が平均であり、35〜39歳は295,300円が平均となっています(男女計)。

    男女別では、男性の平均は30〜34歳では273,300円、35〜39歳では311,200円となっており、女性の平均は30〜34歳では223,700円、35〜39歳では238,500円となっています。

    また、雇用形態別では、正社員・正職員の賃金は314,500円、正社員・正職員以外では211,500円が平均となっています(男女計)。男女別では、男性の平均は正社員・正職員で334,500円、正社員・正職員以外で239,900円、女性の平均は正社員・正職員で244,400円、正社員・正職員以外で181,700円となっています。

    上記の調査から、30代の方が工場勤務をした場合の給料相場は22万円〜33万円程度が目安と考えられます。
    こちらは所得税や社会保険料等を天引きする前の金額のため、手取り給与額の概算は17万円〜26万円程度が目安となります。賞与や時間外手当て、休日出勤手当などを考慮するとこちらの金額よりも少し多くなるでしょう。

  • 30代が求人を探す場合に気を付けるべきことは何ですか?

    過去にどのような経験をしてきたのか、その経験を応募先の企業でどのように活かすことができるかを整理しておくことが大切です。

    30代の方と20代の方とでは求められるものが異なります。特に報告・連絡・相談など、仕事を円滑に進めるための行動が自らできることは当たり前だと考えましょう。また求人によっては前職の経験を活かしてくれる即戦力が求められるケースもあります。

    これまでにどのような経験をしてきたのか、その経験を応募先の企業でどのように活かすことができると考えているのか、面接時に説明できるように整理しておくことが大切です。これまで働いてきた経験から理想的な給与や賞与、諸手当、休日日数などの数値も具体的にしておくと求人を絞り込みやすくなるでしょう。

    しかし全ての理想が叶うとは限りません。また転職活動は、在職中に行うほうが収入が途絶えることは無いため無難です。活動時間も限られるため、どの項目を最優先にするのか予め決めておきましょう。

    求人を探す際はエージェントを活用すると職歴の整理や面接対策をスムーズに進めやすいですが、エージェントごとに得意な業界や職種が異なるため、志望する業界・職種に強いエージェントを見つけることから始めるように注意しましょう。

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.