夜勤の求人・派遣・仕事探し

工場の夜勤のみ・夜勤専属のJOBPAL求人特集ページです。このページでは、夜勤の働き方のメリット・デメリット・実際の働く時間帯などをご紹介しています。夜勤のみ・夜勤専属の求人に絞って「寮完備」「高収入」「未経験者歓迎」「土日休み」などの好条件な仕事を探せます。気になる求人を見つけた方は、気になるリストに追加したり、応募したりしてみてください。

条件から夜勤求人を探す

特徴からお仕事を探す

業種別からお仕事を探す

雇用形態からお仕事を探す

キーワードで探す

夜勤求人一覧

所在地 茨城県常陸大宮市
給与 時給:1160円~
月給:17.1万円~21.9万円
職種 検品・検査
雇用形態 正社員
車/バイク通勤OK 長期休暇あり 交通費支給 即日勤務可 土日休み 福利厚生充実 グループ賞与一時金あり 年末年始休暇
所在地 岩手県釜石市
給与 時給:
月給:21万円~27.3万円
職種 ピッキング・軽作業
雇用形態 正社員
社宅・寮完備 社宅・寮費全額補助 即入寮OK 住宅手当あり 車/バイク通勤OK 長期休暇あり 交通費支給送迎あり 赴任旅費支給土日休み 即日勤務可 福利厚生充実 高収入 年末年始休暇
所在地 北海道帯広市
給与 時給:
月給:16万円~20.2万円
職種 検品・検査
雇用形態 正社員
社宅・寮完備 即入寮OK 住宅手当あり 車/バイク通勤OK 長期休暇あり 交通費支給赴任旅費支給 即日勤務可 土日休み 福利厚生充実 グループ賞与一時金あり駅チカ 年末年始休暇大量募集

工場夜勤の働き方について

24時間稼働する工場の多くは、従業員が日勤と夜勤に分かれて仕事をします。勤務時間は工場によって多少違いますが、おおむね日勤は朝の6時〜20時、夜勤は20時〜翌朝6時までです。多くの工場は交代制を取り入れて、日勤と夜勤を組み合わせたシフトで働きます。

交代制にも2交代制や3交代制と種類があり、3交代制の場合は日勤・夜勤・準夜勤と3つに分かれて仕事を回します。2交代制よりも、1人あたりの労働時間や負担が軽減されるのがメリットです。

この交代制に対して、夜勤専属は夜だけ勤務するワークスタイルです。24時間稼働しなければならない工場では、さまざまな業種で夜勤専属の求人があります。深夜割増や夜勤手当が付いて効率的に稼げるメリットがありますが、完全に昼夜が逆転してしまうので、身体に負担がかかる働き方ともいえます。しかし、朝が苦手な夜型の方やがっつり稼ぎたいという方は、夜勤専属・夜勤のみの働き方を選ぶことも1つの選択肢です。

夜勤求人に関するよくあるご質問

  • 工場夜勤のメリット・デメリットについて教えてください。

    工場夜勤のメリットは効率よく稼げること、デメリットは身体に負担がかかることです。

    夜勤で働くメリットは、効率よく稼げることです。22時〜翌朝5時までは、深夜割増賃金が適応されます。この時間帯は日勤の1.25倍の賃金で働けるので、高収入を得られる可能性が高くなります。

    一方でデメリットは、やはり身体に負担がかかるという点です。夜勤に合わせた生活リズムを整えるには、慣れるまで時間を要します。日中に十分な睡眠がとれていないと、身体に負担がかかりますし、勤務中になかなか集中できず眠気に襲われることもあるでしょう。

    また、昼夜逆転した生活では、友人や家族と時間を合わせにくい傾向があります。こうしたことから、身体にも精神的にもストレスを感じてしまう方もいます。

  • 夜勤の働く時間帯について教えてください。

    工場によって異なりますが、一般的には20時〜6時の間の8時間勤務です。

    夜勤の働く時間は工場によって違いますが、深夜割増賃金が適用される対象の時間帯は、22時〜翌朝5時までと法律で定められています。これに加えて、工場によって独自の夜勤手当を設定していることもあります。夜勤手当は法律で定められたものではないため、夜勤手当の有無や、夜勤手当が対象となる時間帯は工場によって異なります。

    また、基本的には8時間労働ですが、24時間稼働の工場や繁忙期の場合は、8時間+残業で働くことも多いです。休憩時間は基本的に1時間ですが、夜勤の人のための仮眠スペースや軽食が買える自動販売機などが完備されている工場もあります。なお、休憩中に15分程度の仮眠をとると、その後も集中して仕事が継続できるといわれています。

  • 工場の夜勤はしんどいと聞くのですが、どうなのでしょうか?

    夜勤は大変ではありますが、職種によっては静かにコツコツ働ける環境でもあります。

    人が寝ている時間帯に起きて働くというのは、慣れていないと大変ではあります。しかし、体内時計を上手く調整して昼にしっかり睡眠をとることで、夜勤の生活サイクルを身体に慣れさせることができます。最初の段階である「夜型の生活に身体を慣れさせるまで」が、一番「しんどい」「辛い」と感じるところです。

    また、工場の夜勤といっても職種はさまざまです。重いものを運ぶ重労働な仕事だけでなく、女性や年配の方でもできる軽作業の夜勤の求人があります。

    なかには日中をメインに工場を稼働させて、夜は静かにコツコツ軽作業をするという工場もあります。活気のある日中と比べて、静かに一人で作業ができることもあるので、人間関係やコミュニケーション面に不安がある方も安心して働ける傾向があるでしょう。

  • 工場の夜勤に向いている人の特徴について教えてください。

    工場の夜勤はもともと夜型の方や、効率的に稼ぎたい方に向いています。

    夜勤は、夜型の生活に慣れるまでが辛いです。そのため、起床時間が遅く夕方頃から活動する夜型の方には向いている働き方といえます。また夜勤の最大のメリットは、高収入であることです。

    深夜割増・夜勤手当・残業代などを受け取れる夜勤は、日勤や交代制よりも効率よく多くの収入を得られます。そのため、がっつり稼ぎたい、貯金を増やしたいという方は夜勤で働くのも1つの正しい選択肢です。

    反対に、朝早く働いて夜はしっかり休みたい、家族や友人とのプライベートの時間もしっかり確保したいという方は夜勤には向いていません。日勤専属の働き方や、収入のバランスがとれる交代制が適しているでしょう。ご自身の希望はもちろん、周囲の家族や友人のことも考慮したうえで、働き方を決めてみてください。

  • 工場の夜勤での上手い睡眠の取り方について教えてください。

    遮光カーテンを活用する、コーヒーなどのカフェインが含まれた飲料は控えるなどの工夫ができます。

    工場の夜勤に慣れないうちは、睡魔との戦いになります。日中にしっかり睡眠がとれていないと仕事中に集中力がきれる、小さなミスを冒してしまうなどの支障がでてきます。夜勤前に、しっかり睡眠をとることは重要です。例えば、20時〜翌朝5時までの夜勤であれば、7時〜15時くらいまで(8時間程度)はしっかり睡眠をとるのが理想です。

    しかし、夜型のサイクルに慣れていないと、日中になかなか寝付けない場合もあります。そういった場合は、部屋を暗くする遮光カーテンを利用して窓から入る光を遮る、アイマスクをして光を遮る、耳栓をして日中の外からの騒音を遮るなど、なるべく夜と似たような睡眠環境を作るべきです。また、眠気を妨げるコーヒーなどのカフェインが含まれた飲料は控える、寝る前にパソコンやスマートフォンを見ないといった工夫をしてみましょう。日中しっかり睡眠をとることで、夜でも仕事に集中できます。

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.