田舎で暮らす仕事を探すなら寮付きがベストな理由とは?

地方で働く
更新日:2020年03月31日
田舎で暮らす仕事を探すなら寮付きがベストな理由とは?

都会での生活に疲れて田舎暮らしを考える人も増えていますが、実際に田舎暮らしをするにあたって仕事がなくては生活をすることができません。
そこでこの記事では、田舎暮らしをするために必要な仕事や、田舎暮らしのメリット・デメリットについて紹介していきます。

田舎暮らしを考えたときに悩むのは仕事探し

20200330_田舎_01

田舎暮らしに憧れている人はいますが、実際に田舎暮らしをしている人は多くありません。その理由の1つに仕事が見つからないことが挙げられます。
仕事がなければ当然生活をするのが難しくなってしまい、早々に諦めてしまわなければいけません。ですので、田舎暮らしを始める前に仕事を見つけてから移住するようにしておくことがおすすめです。

田舎で就きやすい仕事

20200330_田舎_02

田舎では仕事がないと考える人もいますが、実際には職種によっては田舎でも就職することができます。
田舎で就きやすい仕事を下記にまとめましたので、これから田舎暮らしを検討している人はぜひ参考にしてみてください。

田舎で就きやすい仕事

  • 農業・林業・漁業・畜産業
  • 田舎で起業
  • 事業継承
  • 地域おこし協力隊
  • 医療・介護の仕事
  • 土木建築・電気設備・公共工事関連の仕事

農業・林業・漁業・畜産業

田舎での仕事の多くが農業・林業・漁業・畜産業になってきます。
これは、都会にはない自然が豊富にあるからで、田舎暮らしで農業などを始めたいと考えている人にはうってつけの仕事になっています。
都会での生活のようにせかせかと働くのではなく、自然を相手に生きるために必要な物資を得る仕事になりますので非常にやりがいを見つけやすい仕事になっています。

田舎で起業

田舎で起業と聞くと農業などを連想するかもしれませんが、今の時代どのような場所にいても起業することができます。
パソコンさえあればインターネット関連の起業をすることができ、田舎でゆったりとした生活をしながら空いた時間でパソコンを使っての起業ですので、初期投資を抑えることもでき、アイデアさえあれば誰でも成功することができる仕事になっています。

事業継承

現在田舎で深刻な問題になっているのが後継者不足です。後継者がいないことから、今まで築き上げてきたものを手放す人も多くなっています。
そんな後継者不足に悩む人から事業を継承することで、新たな土地などを探すことなく農業などを始めていくことが可能になっています。
ただし、事業を継承するためには人間関係を構築していかなければいけませんので、信頼されて継承できるまでには相応の時間は必要となってきます。

地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは、田舎に移住して仕事を手伝うことで国から報酬を得ることができる制度で、20万円前後の報酬を得ることができます。
最長でも3年と期限付きではありますが、この3年間に田舎に根付く基盤ができれば、期限後でも田舎で生活していくことができる制度になっています。

医療・介護の仕事

田舎には、高齢者も多く病院は必ず必要な施設となっていますが、医療や介護に携わる人材が絶対的に不足しています。医療や介護の経験がなくても、送迎などであれば運転免許を所持していれば始めることができますので、誰でも就くことができ田舎では重要な仕事となっています。

製造業・工場系の仕事

田舎には、大企業の工場などが多くあり、その工場でも多くの人材を募集しています。
工場勤務であれば安定して働くことができ、田舎に移住していれば通勤にも時間をかけることなく仕事をしていくことができます。
工場勤務の中には特殊なスキルを必要とする場合もありますが、多くが誰でもできるような作業となっているため、田舎暮らしで仕事をするにはおすすめに仕事となっています。

田舎暮らしで仕事を探すなら寮付きがおすすめな理由

20200330_田舎_03

田舎暮らしをするにあたって必要なのが居住スペースですが、田舎といっても住居を探すのは手間になりますし、希望通りの住居が見つかるとは限りません。
そこでおすすめしたいのが寮付きの仕事で、寮付きの仕事のおすすめできる点として、下記が挙げられます。

寮付きがおすすめな理由

  • 新しい土地での家を探す面倒がない
  • 田舎でも仲間がすぐにできる
  • 通勤のストレスが無い
  • 大手企業の工場なので安定して働ける
  • 未経験歓迎・学歴不問の仕事が多い

新しい土地での家を探す面倒がない

田舎では都会に比べて家賃も安いので、比較的簡単に見つけることができると考えられていますが、実際には物件数も少なく希望通りの住居が少なくなってしまいます。寒さ対策など住んでからの費用も割高となっており、公共料金の支払いなどは自分でしていかなければいけません。寮であれば、仕事場にも近く公共料金込みのところも多くあり、住居を探す手間を省くことが可能になっています。

田舎でも仲間がすぐにできる

田舎のイメージとして人が温かいというイメージがありますが、自分が殻にこもってしまえば人と接することが少なくなってしまいます。ですので、自分から積極的に話しかけるなどの努力が必要となってきます。
ですが、寮に住めば仕事場の仲間と一緒に生活するので、必然的に仲間を作りやすい環境になっています。

通勤のストレスが無い

都会に住んでいると、職場までの通勤をストレスに感じることが多くありますが、田舎で寮に住んで働けば通勤に無駄な時間を割く必要もなくなります。ただし、田舎暮らしでは車社会になるので田舎でも通勤にストレスを感じることはあります。
仕事の寮に住むことで、満員電車や車通勤などでストレスを感じることなく出社することが可能になっています。

大手企業の工場なので安定して働ける

田舎暮らしで仕事を見つけるのが難しい場合もあります。仮に仕事を見つけてもまともな企業なのかと不安に感じることがあります。
ですが、田舎にある工場の中には、大手企業の工場も多くありますので、工場勤務を就職先にすることで安定して働くことができ、収入もある程度わかった上で働いていくことが可能になってきます。

未経験歓迎・学歴不問の仕事が多い

仕事を探す時に気になるのが自分の学歴や職歴になってきます。学歴や職歴がイマイチの人は田舎であっても就職することが難しくなってしまいますが、工場勤務などの寮付きの仕事では未経験歓迎や学歴不問と間口が広くなっていて、誰でも就職しやすいメリットがあります。

田舎暮らしのメリット

20200330_田舎_04

ここまでは、田舎暮らしをする時の仕事について紹介してきましたが、ここでは実際に田舎暮らしをすることでどのようなメリットがあるのかについて紹介していきたいと思います。

田舎暮らしのメリット

  • 生活費が安い
  • 自然と触れ合える
  • ゆったりとした時間が流れる

生活費が安い

生活をしていく中で重要なのがお金です。
食事なども自分で農作業で得るからとほとんどお金が必要ないという人もわずかにはいますが、大多数の人はスーパーなどで食材を購入するなどある程度のお金は必要になってきます。
田舎では、そんな物資だけでなく家賃なども安くなってお入り、都会に住んでいるほどの生活費を用意しなくても生活をしていくことができます。

自然と触れ合える

都会暮らしだと、どうしても周りがアスファルトに囲まれていますが、田舎で生活することで自然と触れ合う機会が増えてきます。
バーベキューやスキーなどの田舎でしかできないアウトドアも、比較的簡単にすることができたり、満天の星空を見上げることができたりと、都会では考えられない自然と触れ合うことができます。

ゆったりとした時間が流れる

都会では何かと慌ただしく生活していますが、田舎暮らしを始めればゆったりとした時間を過ごすことができます。
ゆったりとした時間を過ごせることで、より人間的な生活時間で過ごしていくことが可能になっています。

田舎暮らしのデメリット

20200330_田舎_05

田舎暮らしにはメリットもある一方で、当然デメリットもあります。田舎暮らしのデメリットとしては、下記に挙げた項目が考えられますが、ここではより細かく解説していきたいと思います。

田舎暮らしのデメリット

  • 飲食店が少ない
  • 車社会
  • 娯楽・刺激が少ない

飲食店が少ない

都会で生活していると、食べたいものなどは検索することですぐに見つかり、自分の好きな飲食店で簡単に食事ができますが、田舎に行くと極端に飲食店は少なくなってしまいますので、自炊ができなければ食事に困ってしまいます。
ただし、寮付きの仕事であれば食事付きのことが多いので、自炊ができないのであれば寮で生活するのがいいでしょう。

車社会

田舎では、コンビニなどに行こうと思っても近くにないことがほとんどですので、自動車がなければ生活することが難しくなっています。
免許がない人や、運転が苦手な人にはあまり田舎暮らしはおすすめできません。また、自動車に必要なガソリン代も田舎になればなるほど高額になってきますので、ガソリン代には注意が必要です。

娯楽・刺激が少ない

都会ではショッピングやカラオケなど、たくさんの娯楽施設がありますが、田舎にはそういった娯楽はほとんどなく、ゆったりとした時間の代わりに刺激のある生活を過ごすことができません。
また、娯楽施設に行くのにも自動車で数時間かかることなどもありますので、刺激を求めている人には田舎暮らしはおすすめできません。

田舎暮らしが合わなかった時も寮暮らしならリカバーしやすい

20200330_田舎_06

田舎暮らしに憧れはあっても実際に生活してみなければ、自分に向いているかの判断はできません。
そこで寮付きの工場勤務を選択することで、どうしても自分に合わないと判断した時には、引越しの手間をかける必要もありませんので、スムーズにリカバーすることが可能になっています。
また、寮付きの工場勤務であれば、職場仲間に相談することもできるなど、田舎暮らしを検討するのであれば寮付きの工場勤務がおすすめです。

UTグループでは、製造業界で一緒に働く仲間を募集しています。
高卒や大学中退された方でも、やる気がある方を積極的に採用しています。

充実した研修制度もありますし、全く知識がなくても大丈夫です。先輩社員もいるので、仕事中分からなくなってもすぐに相談できます!

まずは「応募」していただき、面接まで進んでいただければ、どんな感じで働くのかなど詳しくお伝えします!皆さんから質問にお答え致しますので、まずは「応募」してみてください。

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.