派遣の悩み
更新日:2022年07月20日

派遣先の人間関係でよくある5つの悩み!対処法とコミュニケーションのコツ

派遣先の人間関係でよくある5つの悩み!対処法とコミュニケーションのコツ

※この記事は5分30秒で読めます。

「派遣先で人間関係がうまくいかない」
「派遣先企業の人と良好な人間関係を築く方法が知りたい」
など、派遣先での人間関係に関して、疑問を持っている方もいるでしょう。

派遣先企業の人間関係の悩みは、適切な対処を講じることで改善が期待できます。

今回は、派遣先の人間関係でよくある悩み、対処法、コミュニケーションのコツなどを解説します。この記事を読めば、派遣先企業での人間関係を良好に保つ方法がわかり、悩みを解決できるようになります。

1.派遣先の人間関係でよくある5つの悩み

派遣先の人間関係で抱えがちな5つの悩みをご紹介します。

  • 派遣先の上司、担当者と相性が合わない
  • 派遣先の社員の問題に巻き込まれる
  • 同じ派遣社員と相性が合わない
  • 派遣先でパワハラやセクハラがある
  • 契約外の仕事を押し付けられる

それぞれの悩みについて見ていきましょう。

1-1.派遣先の上司、担当者と相性が合わない

就業する派遣先企業の上司や担当者と相性が合わないことは、よくある人間関係の悩みです。パワハラやセクハラを受けているわけではなく、悪意がないのもわかってはいるものの、その言動に対して腑に落ちないと感じてしまう相手はいるものです。

そのような上司や担当者のそばにいると、「上司だから従うけれど言っていることは理不尽だな」「あの担当者、人によって態度変えすぎ」といった違和感を抱いてしまい、人間関係における悩みの種となってしまいます。

1-2.派遣先の社員の問題に巻き込まれる

派遣先企業の社員同士の問題に巻き込まれるケースも、派遣社員からよく聞かれる人間関係の悩みです。社内で派閥間の争いが繰り広げられており、派遣社員が板挟みになる状態は、ある程度規模の大きい企業へ就業経験がある派遣社員なら、一度は経験したことがある方が多いシチュエーションでしょう。

あまりに顕著な場合は業務に支障をきたしてしまい、人知れず悩んでしまう状況に陥ることもあります。

1-3.同じ派遣社員と相性が合わない

もう少し近しい立場の人間関係で見ると、同じ派遣先に就業する派遣社員同士の相性が合わず悩むケースもありがちです。派遣社員同士は、同じ立ち位置にいることから座席も近く、同じ業務を分担することもあります。

したがって必然的に関わる時間が長くなり、相性が合わないと大きな苦痛や不満を抱えることになります。

1-4.派遣先でパワハラやセクハラがある

派遣先企業の上司や社員から、パワハラやセクハラを受けるケースもあります。決して多くはないものの、派遣社員に対して、ぞんざいに扱い強い言動を取る上司や担当者もいます。

パワハラやセクハラ問題は、なかなか人に相談することが難しいと感じる方も多いため、一人で思い悩み、会社に行けなくなってしまう派遣社員もいるのが現実です。

1-5.契約外の仕事を押し付けられる

派遣契約の範囲を超えた仕事を押し付けられることも、派遣社員がよく経験する悩みです。そもそも派遣社員は、契約で取り決められた業務以外は、派遣会社の許可なく受けられません。

加えて、派遣社員は自分の希望に沿った仕事ができる就業先を選んで働いているため、範囲外の仕事を頼まれるということは、意思に反する状況下に置かれることを意味します。契約外の雑務ばかり押し付けられることで、人間関係のあり方について悩む派遣社員もいます。

2.派遣先の人間関係に悩んだときの対処法

上記に挙げたような派遣社員ならではの人間関係に悩んだときは、以下3つの対処法を参考にしてみましょう。

  • 派遣会社の担当者に相談する
  • 自分の考え方を変える努力をする
  • 今の派遣先を辞めたあとの自分を想像する

悩みを解決するために、対処法を確認しておきましょう。

2-1.派遣会社の担当者に相談する

まずは、自分が所属する派遣会社の担当者に相談するのが得策です。派遣会社の担当者は、自社の派遣社員が派遣先企業で体験している実情に関して、漏れなく把握するには難しい立場にいます。

そのため、派遣先企業の現状や自分が感じている悩み、今の状況をどうしたいか、解決の術はあるのかといった点を、自分から相談してみることは必要なアクションです。

2-2.自分の考え方を変える努力をする

自分の考え方を変える努力をすると、心持ちが楽になる場合があります。「人の言動は変えられない、自分のとらえ方を変える方が早い」といった言葉は、巷でよく聞かれる思想です。

もし陰で自分の悪口を言われていても、「あの人は悪口を言うことで人から構われたいんだな、そうしないとコミュニケーションが取れないんだろうな」と思うことができれば、自分が傷つき思い悩むことはなくなります。

2-3.今の派遣先を辞めたあとの自分を想像する

人間関係で悩んでいる今だからこそ、派遣先企業を辞めたあとの自分を想像してみることもおすすめです。本当に大切にしたい条件や理想の働き方が、よりリアルに見えやすい状況です。

勤務地や勤務時間、給与などの条件面や、職場の雰囲気、コミュニケーションの取り方、どのような人と働きたいかなどを言語化しておきましょう。また、人間関係の悩みに関してはしっかりと整理しておかないと、次の職場でもまた同じ悩みを抱える可能性があります。

3.契約期間中でも人間関係を理由に退職できる?

派遣契約期間中でも、人間関係を理由にした退職は可能です。

ただし、感情に流されて勢いで辞めることはできません。あらかじめ派遣会社の担当者に人間関係の問題を伝え、改善が図れない場合に限り、契約期間中の退職が認められます。

派遣会社にネガティブな印象を持たれるのではないか、と不安に思う方もいるかもしれませんが、手を尽くしても人間関係の改善が図れない実情があれば、派遣会社からの理解も得られるため、心配は不要です。

4.派遣先の人間関係を良好に保つ方法

派遣先企業での人間関係を良好に保つ方法をご紹介します。仕事の際は以下の3点を意識するようにしましょう。

  • 派遣先の規定やルールを守る
  • 分からないことは必ず確認する
  • ある程度の距離を保って接する

それぞれの方法を把握しておきましょう。

4-1.派遣先の規定やルールを守る

ある程度の社会人経験があると、無意識のうちに自分のやり方で進めてしまう場面もあるでしょう。しかし、良好な人間関係を築くためには、派遣先企業に合った言動が大切となります。

「郷に入っては郷に従え」というように、派遣先の規定やルールを守ることは大前提です。派遣先企業のやり方を受け入れ、環境や人間関係に馴染むための努力を怠らないようにしましょう。

4-2.分からないことは必ず確認する

仕事で分からないことがあれば、派遣先企業の担当者にすぐ確認するようにしましょう。確認せずそのまま放置しておくと、後々問題が大きくなり、人間関係に支障をきたすリスクがあります。

働きやすい職場環境を自ら構築していくためにも、気になることやわからないことは積極的に質問し、クリアにしていきましょう。

4-3.ある程度の距離を保って接する

派遣先企業の社員とは、ある程度の距離感を保って接するべきです。あくまでも、派遣社員は派遣会社に雇用されている立場であり、派遣先企業の社員ではありません。

仲良くなりすぎると、業務で必要なことが言いにくくなったり、仕事を抱え込んだりしてしまうリスクがあります。友達のような近すぎる関係性にならないよう注意しましょう。

5.派遣先でのコミュニケーションのコツ

派遣先で良好な人間関係を構築するためのコミュニケーションのコツをご紹介します。

  • 自分から積極的に挨拶をする
  • 報告・連絡・相談を丁寧におこなう
  • 噂話や悪口を言わない
  • 相手によって態度を変えない
  • 派遣社員同士で就業条件について話さない

いずれも社会人として身につけておくべきマナーでもあるので、理解を深めておきましょう。

5-1.自分から積極的に挨拶をする

出社や退勤の際に顔を合わせる方たちには、自分から積極的に挨拶をしましょう。

笑顔で挨拶をされて嫌悪感を抱く方はいません。良い印象を持ってもらえれば、良好な人間関係が構築しやすくなり、業務上のコミュニケーションもスムーズに運ぶでしょう。

5-2.報告・連絡・相談を丁寧におこなう

報告・連絡・相談(ホウレンソウ)は丁寧に、かつ確実におこないましょう。派遣社員のなかには、派遣先企業の社員に話しかけることを躊躇する方もいるかもしれません。

しかし、報告・連絡・相談はビジネスの基本であり、認識の相違を防ぐために必須のコミュニケーションです。丁寧、的確、スピーディーなホウレンソウができれば好印象を与えられるだけでなく、安心感を抱いてもらえるでしょう。

5-3.噂話や悪口を言わない

噂話や悪口はいつの間にか広がり、巡り巡って本人の耳にまで入ってしまうものです。そのため、たとえ不満があったとしても、派遣先企業の方と一緒になって噂話や悪口を話すようなことは避けましょう。

噂話や悪口の被害者との人間関係が悪化するのはもちろんですが、周囲の方からも「派遣社員の○○さんは人の悪口を安易にしゃべる人だ」と思われ、信頼を失ってしまいます。身近で話していても、参加せずに無関係の立場を貫くことが重要です。

5-4.相手によって態度を変えない

相手によって態度を変える方は印象が悪く、信頼を得られません。役職者に気を使うことはありますが、あまりに媚びを売るような態度をしていると、周囲の社員や同じ派遣社員から反感を買ってしまいます。

結果的に自分で自分の首を絞め、人間関係に亀裂を生むことになりかねません。誰に対しても分け隔てなく、平等に接するようにしましょう。

5-5.派遣社員同士で就業条件について話さない

同じ派遣先企業へ就業する派遣社員同士は、仲良くなりやすい傾向がありますが、就業条件に関して話すことは避けるべきです。

同じ派遣先企業で同じ業務内容を担っていても、今までの経験やスキル、資格によっては、異なる就業条件で契約しているケースがあります。その事実が判明した場合、トラブルのもとになりかねないため、たとえ仲の良い派遣仲間だとしても安易に口にしないようにしましょう。

6.まとめ

今回は、派遣社員の人間関係の悩みや対処法についてお伝えしました。

派遣社員は、正社員とは違った人間関係に悩まされることがあります。日々の振る舞い次第である程度回避できる面はあるものの、相手がいることなので、すべての人間関係を良好に保つことは難しいでしょう。

しかし、派遣社員には、派遣会社の担当者という味方がいます。人間関係での悩みやトラブルは一人で抱え込み過ぎず、まずは相談してみることをおすすめします。

相談しても解決できない場合は、仕事を変えることも一つの方法です。悩みが深くなればなるほど、身体的にも精神的にもへの負担はかかってくるので、なるべく早く動き出すことをおすすめします。

少しでも新しい仕事の情報がほしい方は、弊社JOBPALの求人情報をご覧ください。幅広い業界や雇用形態の求人情報を掲載しているので、ぜひ一度ご覧いただき、気になる求人があればお気軽にお問い合わせください。

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.