雑学
更新日:2018年07月03日

眠りながら疲労回復!?体を休めるために役立つ「リカバリーウェア」ってどんな服?

眠りながら疲労回復!?体を休めるために役立つ「リカバリーウェア」ってどんな服?

「我こそは筋肉フェチ!」……そんな人の御用達ブランドといえば、アンダーアーマー。筋肉ムキムキのアスリートやモデルがインナーウェアをカッコよく着こなす姿を見ると、「自分もマッチョに見えるかも!?」と夢が広がるもの。

そんなアンダーアーマーの商品の中に、着用して寝るだけで疲労回復が期待できるスグレモノがあることをご存じですか? その名もスバリ、「リカバリースリープウェア(回復パジャマ)」。その驚くべきメカニズムを紹介します!

ウェアの裏側に、血行を促進して安眠にいざなう仕組みが!?

C055_01
  • http://www.underarmour.co.jp/news/products/20170616-1.php

アンダーアーマーの主力商品「コンプレッションウェア」は、体に圧を加えて筋肉の無駄な動きを抑え、トレーニングなどのパフォーマンス向上を狙った、いわば運動中に着るウェアです。一方のリカバリースリープウェアは、運動“後”に着るウェアであり、休養時に着用することで自己回復力を高める効果があるといわれています。

C055_02
  • http://www.underarmour.co.jp/news/products/20170616-1.php

なぜそんなことが可能なのかというと、その秘密はウェアの裏側に散りばめられたバイオセラミック粒子にあります。この粒子は体の熱を吸収し、遠赤外線エネルギーとして反射するため、全身の血行が程よく促進されることによって、深い眠りにつくことが期待できるのです。つまり遠赤外線を体にまとった状態で眠るということ。これが意外にも、柔らかくて暖かいものに包まれているような……そんな寝心地のよさがあるといいます。

また、体をピッチリ締め付けるコンプレッションウェアと違って、ゆとりのあるストレッチ素材を採用しているのもポイントの一つ。これがやさしく肌にフィットするため、寝苦しさを感じることもあまりないのだそうです。

寝ているだけで超回復!……だなんて、まるで漫画やRPGの世界のようですが、普段リカバリースリープウェアを着て寝れば、毎日の仕事や遊びもよりパワフルに過ごせるのかもしれません!?

○○の疲れを癒すため! リカバリーウェアは介護の現場から生まれた

現在、アンダーアーマー以外にも、プーマやナイキといった大手スポーツメーカーからも登場しているリカバリーウェア。この人気の火付け役となったのが、機能性ウェアを製造販売する日本の企業・ベネクスです。

実はリカバリーウェアは、かつて老人ホームの運営に携わっていた同社社長が、「ヘルパーさんの体調ケア用に」と考案したウェアから始まったもの。そこから介護業界を越え、トレーニングの疲労を効果的に回復させたいアスリートやジムのトレーナー、さらには仕事の疲れを癒したいサラリーマンや家事に追われる主婦にまで大ウケし、今では50万枚超を売り上げる大ヒット商品になりました。

C055_04
  • https://www.rakuten.co.jp/venexshop/

そんなベネクスのリカバリーウェアが持つ疲労回復の仕組みは、アンダーアーマーのリカバリースリープウェアとは少し異なるもの。同社社長は血流の促進効果がある素材を探し求め、たどりついたのが「ナノ化プラチナ」でした。血流を良くする効果があるこのプラチナに、複数の鉱物を組み合わせてできたのが特殊素材・PHT(プラチナハーモナイズド テクノロジー)。これをウェアの糸へ練り込むことによって繊維そのものから遠赤外線が放射され、体を温めるというメカニズムになっています。

遠赤外線で体を温めるという点ではベネクスもアンダーアーマーも同じですが、モノづくりに対する独自の視点やアイデアの大きな違いが分かります。

まとめ

日常生活の中で「こんなものがあったらいいのになぁ」と気付き、考えることがヒット商品を生み出す一歩につながるはずです。あなたのアイデア次第で、未来の人気ウェアを作ることができるかもしれませんよ!

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.