工場勤務の契約・待遇
更新日:2022年06月20日

製造業で出世コースにのるための必要なスキルと特徴│役職別の仕事内容とは

製造業で出世コースにのるための必要なスキルと特徴│役職別の仕事内容とは

こんにちは、JOBPAL編集部です!

仕事をしていく上で「出世」という目標や試練はどんな人でも通る道だと思います。製造業の工場勤務では、どうすれば出世コースに乗れるのでしょうか。今回は、工場で出世する方の特徴や出世のために気をつけたいことなどをご紹介します。

出世する人の特徴と必要なスキル

工場で出世する方は、以下の4つの特徴やスキルを持つことが多いようです。

■勤務先の工場で有効な資格を取得する
工場ではさまざまな製品が作られています。それぞれの勤務先で有効な資格を取得すると、難しい業務を任されて給与が上がったり、責任者を任されたりすることがあります。
ご自分がお勤めの工場、または就業予定の工場でどういった資格を持てば有利になるのか、調べてみるのがおすすめです。

■リーダーの素質がある
工場では、多くの従業員が責任者の指示を受けて働きます。その中でリーダーシップを発揮して責任者の素質があると判断されたら、出世できる可能性も高まるはずです。
ふだんから指示を聞くだけではなく、人に頼られるような行動を心がけてみましょう。率先して動けると、評価も得やすくなります。

■工場業務の知識・経験が豊富
工場勤務では、製造している製品や機械の操作など、工場業務の知識・経験が大切になります。
例えば、機械がストップしてしまったとき、機械の操作知識や経験があれば、速やかに修理することも可能です。
生産ラインを滞らせず、素早く復旧させられる人材は重宝され、出世の見込みが高まります。

また、経験が豊富であればとっさの事態でも的確な判断をできるようになります。不測の事態にも対応できるほどの経験のある方は、リーダーに抜擢される可能性があります。

■まじめにコツコツ仕事をしている
いくらリーダーシップがあり知識や経験が豊富でも、勤務態度が悪ければ上司にふさわしくありません。仕事はつねにまじめにコツコツと取り組むのが大切です。
特に期間工や派遣社員として入社した場合、ふまじめな勤務を続けていると、契約更新してもらえないこともあります。

工場勤務の出世で学歴は関係ない

工場によるものの、学歴によって出世の道が左右されることは少ないようです。学歴よりも工場内での経験や知識、技能などが問われることが多くなります。
成果主義の工場の場合、入社した年齢がはやかった高卒者のほうが、大卒者よりはやく昇進することもあります。出世したい方は、向上心を持ちながら仕事に取り組むのが大切です。

出世できない人の特徴

出世できる方がいるなら、反対に出世できない方もいます。以下の3つの特徴のどれかに当てはまる場合は、出世の見込みが薄いかもしれません。

■工場内で敵が多い人
工場に限らず、仕事では職場の同僚と協力していくのが大切です。柔軟性があり、さまざまな方とうまく付き合っていくスキルがなければ、大きな仕事を成し遂げるのは難しくなります。
工場内に敵を数多く作っているような方では、仕事もうまく回せないのではないでしょうか。また、敵が多いと昇進の際に反対意見が出て、出世の道が閉ざされる可能性もあります。

■ネガティブ思考で愚痴ばかり言う人
つねに後ろ向きの思考で、仕事や人間関係などの愚痴が多い方は、周りの方々の士気を下げてしまいます。
ポジティブで楽しく仕事に取り組める方についていきたいという従業員はいても、ムードを悪くする人間と一緒に仕事をしたいという方は多くありません。

■知識や技術不足で信頼度が低い人
工場の仕事をするうえで、さまざまな従業員に指示をする責任者には知識や技術が欠かせません。
仕事に追われながらも時間を有効に使って知識を蓄える方が上司に選ばれやすくなります。反対に、知識や技術の足りない方は信頼を得られず、出世が遠のいてしまいます。

出世が決まる年齢はいつごろ?

MNC0903-05-02.jpg

入社してから最初の昇進は、何年ほど勤めたころになるのでしょうか。ここでは、新卒から就職した方が初めて昇進する平均年齢や、その後の昇進のタイミングをご紹介します。

中小企業の場合

中小企業の場合、30代前半に最初の昇進が来ることが多いようです。だいたい入社して10年ほどで昇進することになります。
ただ、会社の規模が小さいほど昇進のスピードははやめです。入社数年で役職に就くこともあります。

その後、さらに10年ほどたってから管理職になる方が多いようです。管理職になれるかどうかは人によって異なり、ずっと昇進できない方も存在します。

大企業の場合

大企業は人数が多い分、中小企業よりも昇進が遅くなる傾向にあります。最初の昇進は30代半ばごろが平均です。
こちらも、さらに10年ほどたってから管理職に昇進することが多いようです。

もちろん、昇進の年齢は人によって異なります。会社の規模を問わず、20代でリーダー職に就けることもめずらしくありません。

出世競争に勝つために毎日できること

現在出世から遠いところへいたとしても、周囲からの評価を高める努力をすれば、出世に近づけるかもしれません。
特に、以下の3つを意識して仕事に励んでみるのがおすすめです。

■目標・目的を持って仕事をする
目標・目的なく漫然と業務にあたるだけでは、なかなか成長していきません。自分が仕事をする上での目的は何であるか考えましょう。
自分の携わっている仕事で世の中にどんな貢献ができるのか、仕事をしてどうやって自己実現していきたいのか、自分の気持ちに向き合ってみてください。
目標・目的が明確で会社をよりよくしてくれそうな方には、同僚からも支持が集まるはずです。

■主体性を持って仕事をする
主体性とは、自分の意志をしっかりと持ち、人にいわれずとも行動できる態度や性質を指します。主体性を持つ方は、周囲に流されすぎずに自分の気持ちを判断できます。
仕事でトラブルがあろうと落ち着いて前向きに業務にあたることができれば、周囲の方の評価も上がるのではないでしょうか。
トラブルが起こるたびに怒ったり焦ったりするような方は、上司にしたくないと思われるはずです。

■一緒に働く仲間のことを理解する
仕事をするうえで同僚とのコミュニケーションは大切です。
仲間との絆を深めるには、相手のことを理解しようとする姿勢が欠かせません。相手の話をしっかり聞くことを心がければ、相手も心を開いてくれるかもしれません。
また、話を聞いたうえで簡潔に返答できれば、さらに評価は上がります。会話ではまず相手のことを聞き、自分の意見は要点を押さえて端的に話しましょう。

若手社員が出世するためにできること

MNC0903-05-03

入社したばかりの若手のうちから仕事ができる方はなかなかいません。そのため、上司は若手社員の勤務態度をみて、出世できそうか判断することも多いようです。
若手社員の内から以下のような行動を心がければ、上司からの評価も良くなるかもしれません。

元気がよく礼儀正しい対応をする

基本的なことかもしれませんが、相手への礼儀を欠かさないように気をつけるのは大切です。
マナーが身に着いていなくても、礼儀正しい行動を心がけようとする気持ちは相手へ伝わるはずです。
周囲の方へ適当な対応をせず、敬意を持って接しましょう。返事は元気よく、ハキハキと答えるのも大切です。

雑務をお願いされても快く対応する

若手社員の内は率先して雑務を引き受け、頼まれたら快く引き受けましょう。ほかの仕事の妨げになる雑務は、誰しもすすんでやりたくないものです。
ただ、上司が雑務を行うより若手社員が雑務にあたったほうが、会社にとっての損は少なくなります。
すすんで雑務ができるようになれば、組織のことを考えて動ける人材だと認識してもらえるかもしれません。

上司と良好なコミュニケーションをとる

上司とのコミュニケーションを良好にするのも、出世にとっては重要です。挨拶をしっかり行い礼儀正しく接するのはもちろん、上司のアドバイスを素直に聞くのも大切です。
また、ほかの同僚の前で上司の陰口をいわないようにしましょう。いずれ上司の耳に入り、関係が悪化してしまうかもしれません。

工場の役職と仕事内容

工場で役職に就くと、どういった仕事を任されるようになるのでしょうか。ここでは、基本的な役職と仕事内容についてご紹介します。

■班長・グループリーダー
工場にはさまざまな部署があり、チームごとに動くことも多くみられます。各チームをまとめるのが班長やグループリーダーです。

■主任
班長・グループリーダーの上に立つ役職です。現場での最終チェックや、各斑の仕事が滞りなく行われているかのマネジメントなどを行うことが多いようです。

■管理職
管理職になると、現場に出ず、予算管理や人材育成などを行うことが多くなります。たいてい、係長・課長・部長・工場長の順で昇進していきます。
管理職になるには正社員として就職し、マネジメント業務の経験を積むのが大切です。

まとめ

工場に限らず、出世するのは大変な道のりです。ただ、工場なら学歴関係なく昇進できるところが多いのもメリットです。
出世コースを歩みたいという方は、ご紹介したことも参考にしながら、日々の業務に励んでいきましょう。

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.