業務内容から選ぶ
更新日:2022年09月21日

人見知りでも無理なく働ける仕事8選|職場でぶつかる辛さを解説

人見知りでも無理なく働ける仕事8選|職場でぶつかる辛さを解説

※この記事は約6分で読めます。

「人見知りの人に向いているのはどんな仕事?」
「人見知りの私が職場でどう思われているか不安」
など、人見知りの仕事事情に関して疑問を持っている人もいるでしょう。

人見知りの人には、一人でコツコツ進められる仕事が向いています。人見知りの人は集中力が高く、周囲から仕事ぶりを高く評価してもらいやすい性質をもっています。

今回は、人見知りでも働きやすい仕事の種類や特徴、強みや弱み、人見知りならではの辛さ、周囲の人が抱く印象などを解説します。この記事を読めば、自分に合った仕事がわかり、今よりもっと自分らしく働ける仕事が探せるようになります。

1.人見知りでも無理なく働ける仕事8選

まずは人見知りの人におすすめの仕事を8種類ご紹介します。

  • 工場の作業員
  • 清掃員
  • 警備員
  • トラックドライバー
  • 新聞配達
  • プログラマー
  • Webライター
  • 動物の飼育員

それぞれの仕事内容についてお伝えします。

1-1.工場の作業員

工場の作業員は、製造工場で部品や商品のピッキング作業、加工、検品、組み立てといったライン作業などに従事する仕事です。

作業中に会話するタイミングはほぼなく、報告や相談程度のコミュニケーションで済みます。

機械相手の仕事なので人見知りの人も気楽に働けるでしょう。

工場作業員の詳しい仕事内容は以下のページをご覧ください。

1-2.清掃員

清掃員は、駅や商業施設、オフィスビル、病院、学校など、あらゆる場所の清掃業務をおこないます。

一通りの清掃方法を上司や先輩に教えてもらったあとはあまり人と接する機会がなく、黙々と作業に集中できます。

人間関係のいざこざを目の当たりにするリスクも少なく、掃除した場所が綺麗になれば気分もすっきりするので、人見知りの人もやりがいをもって働ける仕事です。

清掃の仕事の詳細は以下のページでご確認ください。

1-3.警備員

警備員は、イベント会場、公共施設などの人が行き交う場所での警備活動をおこなう仕事です。工事現場や駐車場などでの車両の誘導を担当することもあります。

指示された配置について車や人を誘導することが役割なので、仕事中に会話を必要とする要素はあまりありません。

極度の人見知りの場合は、夜勤の仕事を選ぶことで人との接触がより抑えられ、マイペースに仕事ができるでしょう。

1-4.トラックドライバー

トラックでさまざまな荷物を運搬するのがトラックドライバーです。

車内で一人過ごす時間が大半で、出発時や到着時を除いて人と直接コミュニケーションを取る機会はほぼありません。

完全にプライベートな空間で働ける仕事はなかなかレアです。車好き、運転好きで人見知りの人にはぜひおすすめしたい仕事です。

1-5.新聞配達

新聞配達は、新聞社で発行する朝刊や夕刊を自転車やバイクで配達する仕事です。

営業所で他のスタッフと接するタイミングはありますが、配達は一人でおこなうため、人見知りの人でも気楽に働けます。

稀に住人と顔を合わせても、軽い挨拶程度のコミュニケーションが取れれば問題ありません。

朝刊の配達は早朝からになるので、朝に強い人見知りの人にはおすすめです。

1-6.プログラマー

Webサイトやアプリケーションの開発で、プログラミングの作業を担うのがプログラマーです。

プログラミング言語を用いてソースコードをタイピングするのが主な仕事となるので、多くの時間をパソコンの前で過ごします。

システムエンジニアや他のプログラマーとの報連相は発生しますが、作業自体は一人で黙々と進められるので、人見知りでも居心地の良い環境でしょう。

1-7.Webライター

Webライターは、インターネット上に掲載するさまざまな文章の執筆をおこなう仕事です。

基本的にはパソコンを用いた執筆活動がメインの業務ですが、案件によっては企画や構成段階の打ち合わせ、取材などにも参加します。

期日の範囲内であれば執筆ペースや作業場所に縛られないため、オフィスを離れてリモートワークができる企業もあります。

会話は苦手でも、文章を書くのは得意という人なら楽しく続けられるでしょう。

1-8.動物の飼育員

動物園やサファリパーク、水族館などで動物のお世話をするのが飼育員です。

動物に餌をあげたり飼育場所の清掃をしたりといった飼育環境の整備の他、展示方法やイベントの企画なども仕事に含まれます。

スタッフやお客さんと接する機会もある程度ありますが、基本的には動物と向き合う仕事です。

動物好きな人であれば、人見知りでもやりがいをもって働けるでしょう。

2.人見知りにおすすめの仕事の特徴

人見知りの人が無理なく働けるおすすめの仕事の特徴をご紹介します。仕事探しの際には以下の3点を参考に判断してみましょう。

  • 人と接する頻度が少ない仕事
  • いつも決まった人としか関わらない仕事
  • 最低限の人付き合いで良い仕事

それぞれの特徴についてお伝えします。

2-1.人と接する頻度が少ない仕事

人と接する頻度が少ない仕事こそ、人見知りの人向きの仕事です。

人見知りの人は、対人関係が最も高いハードルとなるため、人との接触が減るだけで精神的な負担が軽減されます。

人との関わりがまったくない仕事はなかなかありませんが、接客や営業のようにコミュニケーションありきの仕事を避けるようにすれば、比較的気楽に働けるでしょう。

2-2.いつも決まった人としか関わらない仕事

人見知りの人でも、業務上で関わる人が限定的な仕事であれば安心して働けます。

はじめのうちはうまくコミュニケーションが取れない時期があるかもしれませんが、時間の経過とともに徐々にストレスは軽減されていくでしょう。

いつものメンバー、いつものお客様など、決まった人物と接しているうちに相手もあなたの人となりがわかってくるので、精神的に楽に働けるようになるはずです。

2-3.最低限の会話ができれば成立する仕事

出勤・退勤時の挨拶や業務上で必要な報告事項など、最低限の会話ができれば成立する仕事は、人見知りの人に向いている仕事です。

作業中は周囲の人と適度な距離感が保たれるので、精神的にだいぶ楽になるでしょう。

ビジネスライクな付き合いが当たり前の職場なら互いが互いの事情に介入することなく、割り切った関係性を構築できます。

3.人見知りな性格ならではの強み

人見知りな性格の人ならではの強みとしては、以下のようなポイントが挙げられます。

  • 集中して作業に取り組める
  • 周りの人への気配りができる
  • 細かいミスに気付くことができる
  • 事前の準備をしっかりできる
  • 落ち着いて仕事に取り組める

人見知りの人の多くは、目の前にある自分の作業に集中できるという強みを持っています。

また、事前準備や確認作業も怠らないため、精度の高い仕事が期待できます。

さらに、人に気を遣う傾向が強いぶん、周囲のミスをさりげなくフォローするやさしさも発揮できます。

4.人見知りな性格ならではの弱み

強みがある一方、人見知りの人には以下のような弱みもあります。

  • コミュニケーションが苦手
  • 気を遣い過ぎてしまう
  • ありのままの自分を見せられない
  • 自分から積極的に話しかけられない
  • 人との交流を楽しめない

人見知りの人は対人関係で気を遣い過ぎる傾向があるため、頻繁なコミュニケーションを苦手とします。

また、他人からの見られ方や評価が気になり、素の自分を見せられない人も多くいます。

総じてあらゆることが気がかりになるため、自分の殻に閉じこもりがちです。

5.人見知りの人が仕事や職場でぶつかる3つの辛さ

人見知りの人は、そうではない人からは理解されにくい苦しみを背負っています。ここでは、人見知りの人が仕事や職場で体験する3つの辛さを解説します。

  • 人に自分の意見を伝えられない
  • 社内の雰囲気に馴染めない
  • 飲み会や懇親会が苦痛になる

それぞれの辛さについてお伝えします。

5-1.人に自分の意見を伝えられない

人見知りだと自分の意見をなかなか人に伝えられません。

決して自分の意見がないわけではなく、むしろしっかりとした考えをもっているにも関わらず、相手にどう思われるかが気になり声に出せない人が多いのです。

常に周囲の顔色や空気を読もうとしているので、本当なら断りたい苦手な仕事も断り切れず、やらざるを得ない場面もあります。

5-2.社内の雰囲気に馴染めない

社内の雰囲気になかなか馴染めない点も、人見知りの人が味わう苦悩の一つです。

部署や同期のなかで自分だけ打ち解けられていないと感じたり、自分よりあとに入社した人のほうが職場に馴染んでいる様子を見て落ち込んだりすることがあります。

良好な人間関係の構築や円滑な仕事の遂行において必須であるとわかっていても、つい遠慮してしまい、自分の意思や感情を表に出せずにいます。

5-3.飲み会や懇親会が苦痛になる

飲み会や懇親会で、一人ぼっちになってしまう人見知りの人も多く見られます。

人見知りの人は、人数が増えるほど不安やストレスを感じやすいため、大勢の集まりは精神的な負担が大きくなるでしょう。

場の雰囲気にうまく適応できないと、周囲から「つまらなそう」と思われてしまい、よりコミュニケーションの輪に入りにくくなってしまいます。

6.人見知りの人に対して周囲の人が思うこと

人見知りの人は、「自分が周囲からどう思われているか」が気になるものです。ここでは、人見知りではない人が人見知りの人に対して思うことを3つご紹介します。

  • 軽率な行動や言動がなく信頼できる
  • 高いリスク回避能力を持っている
  • 大きなミスなく仕事をしてくれる

それぞれ確認していきましょう。

6-1.軽率な行動や言動がなく信頼できる

軽率な言動とは縁遠い人見知りの人は、周囲から「信頼できる人」と評価されています。

仕事において信頼を得ることは非常に重要ですが、人見知りの人は口ばかりで行動がともなわなかったり、人の噂話を広めたりすることがありません。

そのため、自然と信頼を重ねていくことができます。

6-2.高いリスク回避能力を持っている

人見知りの人は警戒心が強いため、周囲の人はその様子から「リスク回避能力が高い」と感じています。

相手に心を開くまでには時間を要しますが、逆にそれが功を奏し、対人関係のトラブルに巻き込まれにくい強みがあります。

6-3.大きなミスなく仕事をしてくれる

人見知りの人は、すぐに結果に結びつかなくてもコツコツ着実な仕事ぶりを発揮するので、周囲の人は「誠実に仕事を全うしてくれる人だ」と信頼を置いています。

また、慎重な性格であるがゆえにミスが少なく、精度の高い成果物を完成させられるので、安心して仕事を任せられます。

7.人見知りの人が仕事選びで注意すべきこと

人見知りの人が無理なく働ける仕事に就くためには、注意すべきポイントがあります。以下の3つのポイントを頭に入れておきましょう。

  • 規律や競争が激しい仕事は避ける
  • 一人で集中して取り組める仕事を選ぶ
  • たかが仕事と楽な気持ちで取り組む

それぞれの注意点を頭に入れていきましょう。

7-1.規律や競争が激しい仕事は避ける

規律が厳しい仕事や、内部の競争が激しい企業は避けましょう。

例えば、銀行・証券会社・警察・自衛隊などでの仕事や営業職全般が挙げられます。

これらの仕事は人と接する機会も多く、人見知りの人にとっては精神的に大きな負荷がかかるため、長く働き続けることができない可能性が高いでしょう。

7-2.一人で集中して取り組める仕事を選ぶ

人見知りの人ならではの強みが、一人で黙々と作業に取り組める集中力です。

そのため、個人で動ける仕事や、少人数単位で取り組む仕事を選ぶのがおすすめです。

また、日常的に接するメンバーも固定化されるため、慣れれば慣れるほど精神的苦痛は軽くなっていくでしょう。

7-3.たかが仕事と楽な気持ちで取り組む

仕事だからと肩肘を張らず、気楽な気持ちで仕事探しをしてみましょう。

「無責任なことは絶対にできない」「ミスをしたり迷惑をかけたりしないだろうか」などとさまざまな不安が頭をよぎるかもしれませんが、たかが仕事と楽に構えることも大切です。

人見知りであるぶん、一人で物事を解決しなければと考えがちですが、誰しもミスはするものであり、お互いをフォローし合うのが仕事です。

人見知りだからといって、まだ起こっていない未来を案じたり、不安になったりする必要はありません。どんと構えて気楽な気持ちで仕事探しを始めてみましょう。

8.まとめ

今回は、人見知りの人に向いている仕事についてお伝えしました。

人見知りの人は、今まで仕事のなかでさまざまな葛藤や苦痛を経験してきたことだと思います。

しかし、人見知りの人に合った仕事選びができれば、今までとは比べものにならないくらい職場に居心地の良さを感じられ、楽な精神状態で仕事に励むことが可能です。

今回の内容を参考に、人見知りの自分にぴったりな仕事が何か、今一度じっくり考えてみましょう。

もしこれから転職を考えているのであれば、ぜひ弊社JOBPALの以下のページより、実際の求人情報を見ながら検討することもおすすめします。人見知りの人でも問題なく働ける環境がたくさんあるので、気になる求人を見つけたらお気軽にお問い合わせください。

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.