正社員になる方法
更新日:2022年11月28日

フリーターの女性に工場勤務がおすすめな理由とは?働きやすさや向いているタイプを解説

フリーターの女性に工場勤務がおすすめな理由とは?働きやすさや向いているタイプを解説

※この記事は6分で読めます。

「工場勤務って具体的にどのような仕事をするの?」
「フリーターの女性が工場で働くメリットが知りたい」
など、工場勤務に関して疑問を持っている方もいるでしょう。

工場勤務はシフトの自由度が高く、残業もないことが多いため、プライベートを充実させたい女性におすすめです。また、Wワークでガッツリ稼ぎたいというフリーター女性にも人気の仕事となっています。

今回は、工場勤務の具体的な仕事内容やフリーターの女性におすすめの理由、工場勤務に向いているフリーター女性の特徴などを解説します。この記事を読めば、工場勤務のことがよくわかり、きっとあなたも興味が持てるはずです。

1.フリーターの女性が活躍できる工場勤務の仕事とは?

工場勤務というと男性が多い職場のイメージが強いかもしれません。たしかに従来は男性の比率が高かったものの、近年では女性の活躍を推し進める工場が増えてきています。経済産業省の調査によると、製造業(中小企業)の女性従業者比率は42.5%(※)で、男女比の偏りがほとんどなくなりつつあります。

工場によっては女性の比率のほうが多いところもあります。学歴不問の職場も多く、シフト制で予定を組みやすいなど、工場はフリーターの女性にとって働きやすい職場であるといえます。

以下の記事では、女性が工場で働くメリットやおすすめの仕事を紹介しています。

フリーターの女性に工場勤務がおすすめできる3つの理由をご紹介します。

1-1.シフト制で予定を組みやすい

工場はシフト制を導入しているところがほとんどです。特に収入確保や生活の安定のためWワークを希望するフリーターにとってはスケジュールの調整がしやすいメリットがあります。

1-2.交代制が多く、残業が少ない

多くの工場では2交代制や3交代制といった勤務体制をとり、24時間休まず製造ラインを稼働させています。

準夜勤や夜勤と聞くと大変そうに思うかもしれませんが、夜勤のほうが賃金が高く、また交代制だと残業が発生しにくいといったメリットがあります。

ただし、工場によっては繁忙期に残業が発生する可能性もあります。

1-3.マニュアル化された作業が多く、未経験でも安心

工場勤務では作業内容がマニュアル化されていることが多いため、未経験の女性でも安心して働けます。

研修制度がしっかり整っていることも多いため、働きながら経験を積み資格を取ることも可能です。

2.フリーターの女性におすすめ! 工場の仕事内容

工場勤務と聞くと力仕事のイメージがあり、「女性も働ける工場」といわれても「私でも働けるの?」と心配になる人は多いかもしれません。

しかし、実際には工場勤務の仕事内容は多岐にわたり、力に自信がないフリーターの女性でもできる仕事が多くあります。むしろ、組立加工や仕分け、梱包・検品などの単純作業は体力よりも集中力と正確さが求められるため、多くの女性が活躍しています。

ここではフリーターの女性におすすめの工場の仕事内容をご紹介します。

2-1.機械操作

工場内の各工程で使用される機械の操作をする仕事です。素材を機械にセットして稼働ボタンを押したり、稼働スピードを調整したりします。正確さと効率的な動きが求められる仕事です。

機械操作(マシンオペレーター)について詳しく知りたい場合はこちらもご覧ください。

2-2.ピッキング(仕分け)

ピッキングとは軽作業の一つで、伝票や指示書に従い指定の製品・商品を倉庫からピックアップし集める仕事です。

未経験歓迎の工場が多く、工場勤務の中でも特に女性人気の高い職種となっています。工場によってはフォークリフトで重い物を集める仕事の場合もあるので、応募の際に仕事内容をしっかり確認しておきましょう。

ピッキングの仕事内容について詳しく知りたい場合はこちらもご覧ください。

2-3.組立・加工

家具や電子部品の組立や、木材や食品の加工などをおこなう仕事です。

幅広い業種の工場で必要とされる仕事で、工場によって作るものが異なりますが、どの工場でもマニュアルどおり正確に組立・加工することが求められます。

組立・加工の仕事内容について詳しく知りたい場合はこちらもご覧ください。

2-4.梱包・シール貼り

梱包は、製品を段ボールに詰めて出荷準備をしたり、商品を緩衝材で梱包したりする作業です。軽作業の一つに分類され、工場の求人の中でも人気があります。

シール貼りは、商品に値札や成分表などのシールを貼ったり、郵便物に宛名シールを貼ったりする仕事です。細かい作業が好きな人や丁寧な仕事ができる人に向いています。

2-5.検品・検査

検品・検査は、製品の出荷にあたり不良品や異物混入がないかを確認し、品質を保つ重要な仕事です。

マニュアルに従い、目視などでしっかり責任を持ってチェックをおこないます。

検品・検査の仕事内容について詳しく知りたい場合はこちらもご覧ください。

3.フリーターの女性でも安心、工場勤務の働きやすさ

工場勤務はフリーターの女性にとって、どの程度働きやすい職場なのでしょうか。職場環境を知るための3つのポイントを解説します。

3-1.工場勤務でメイクやネイルはできる?

食品や精密機械を扱う工場では、異物混入のリスク回避のためメイクやネイルを禁止していたり、髪型を制限したりしています。

ただし、勤務中にきちんとネットを被っていれば髪色などは自由とする工場も多く、比較的自由度の高い職場といえるでしょう。

なお、精密機械を扱う工場のなかには髪色自由や、メイクやネイルがOKの工場もあります。ファッションにこだわりがある場合は条件を確認してから応募すると安心です。

3-2.黙々と作業するから人間関係の煩わしさは少な目

工場勤務の仕事は丁寧さや正確さが求められるため、一人で黙々と、集中して作業することが多い仕事です。そのため、コミュニケーション能力は高くなくても問題ありません

わいわい大勢で過ごすよりも一人でコツコツ作業するのが好きな人にとって、工場勤務は好条件の職場といえるでしょう。

3-3.軽作業なら体力に自信がない女性でも安心

工場勤務は立ちっぱなしで作業することが一般的ですが、扱う製品によっては座った状態で作業することもあります。

体力に自信がない場合は作業の様子を事前に確認しておくと安心です。

4.工場勤務は力仕事で女性が働くには大変? 

重い材料を運んだり機械を操縦したりと「力仕事」のイメージが強い工場勤務ですが、前述のとおり軽作業といわれる作業も多くあります。ここでは、体力がない女性でも工場で働ける理由について解説します。

4-1.機械化・自動化されている現代

従来の工場勤務といえば力仕事が多く、女性には過酷な現場といったイメージでした。

現在では、生産工程を中心に自動化が進み、従来のように力仕事を求められる労働環境ではなくなりつつあります。そのため男女問わず働きやすくなってきているといえるでしょう。

4-2.日勤か夜勤かは選べる所がほとんど

工場勤務は夜勤があるため、生活リズムが崩れるといったイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし、ほとんどの工場では日勤・夜勤どちらかを自分で選ぶことができるため、生活スタイルや体力に合わせて働くことが可能です。

4-3.立ちっぱなしの作業があることも

体力が必要な力仕事は減っても、作業の性質上、立ちっぱなしの軽作業や広い工場内を動き回る仕事も想定されます。

最初の頃は足がむくんだり筋肉痛になったりするかもしれませんが、徐々に慣れてくる人が多いようです。

工場によっては、体力的にきついときには休憩することも可能です。体力に不安がある場合は面接時に確認してみると良いでしょう。

5.工場勤務に向いている、フリーターの女性のタイプ

ここまで、工場勤務の仕事内容や働きやすさについて解説してきましたが、では実際にどのような女性なら工場勤務に向いているのでしょうか。ここではタイプについて解説します。

5-1.細かい作業や黙々と作業に没頭できる

細かい手作業や黙々と何かを作り上げるような作業が好きな人、趣味などでも気付いたら時間を忘れて没頭してしまうような集中力がある人は、黙々と同じものを作る作業が多く集中力がいる工場勤務に向いているでしょう。

5-2.ネイルやハンドメイドが好き

ネイルやハンドメイドが得意な人、またディティールに凝って作業することが好きな人も工場勤務に向いています。マニュアルどおりに製品を作ったり、シールを丁寧に貼ったりといった細かい作業も楽しくこなすことができるでしょう。

5-3.プライベートと仕事のバランスをとりたい

工場勤務は基本的に残業が少ない仕事なので、プライベートと仕事のバランスをとりたい人にもおすすめです。希望どおりのシフトを組めば、しっかりと自分の時間を確保できます。

5-4.Wワークでガッツリ稼ぎたい

未経験でも比較的仕事内容を覚えやすく、すぐに仕事に慣れることができるため、Wワークにも最適な職種です。業務内容や勤務時間によっては高収入も期待できるため、しっかり稼ぎたいフリーター女性にもおすすめです。

6.工場勤務は女性ならではの特性が活かしやすい

一昔前は工場といえば男社会のようなイメージがありましたが、工場での業務内容には女性ならではの特性が活かせるものもあります。最後に、工場勤務で活かせる女性ならではの特性を3つご紹介いたします。

6-1.細かなところに気がつく

一般的に、女性のほうが男性に比べて細かいことに気がつきやすいといわれています。そのため、丁寧な作業で品質の高い製品を作ることに力を発揮できるでしょう。

また、小さなミスや違いに気付きやすく、重大なミスを未然に防ぐことにもつながると考えられます。

6-2.複数の作業を効率よく進行できる

諸説ありますが、同時進行で複数の仕事をおこなう「マルチタスク」は男性よりも女性のほうが得意であるといわれています。

工場勤務では複数の作業を効率よく進行することが求められるため、マルチタスク能力が高い女性は活躍しやすいでしょう。

6-3.人間関係を良好・円滑にしやすい

無理にコミュニケーションを取る必要はありませんが、職場の人間関係を良好に保つことは、仕事を効率的に進めるうえで重要なポイントです。

その点、職場で働くメンバーと打ち解けやすい女性は良好な人間関係を保ちやすいため、互いに連携しながら作業に取り組むことができます。その結果、業務の円滑な遂行が実現します。

7.まとめ

ここまで、フリーターの女性が工場で働くメリットや工場勤務の仕事内容について解説いたしました。

最近は、女性が活躍できる環境がしっかり整った工場が増えています。この記事を読み「工場で働いてみたい」と思ったら、まずはぜひ工場勤務の求人をチェックしてみましょう。

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.