工場の仕事図鑑
更新日:2019年10月17日

組立作業とは|女性も活躍できる仕事

組立作業とは|女性も活躍できる仕事

求人を見ていると、組立作業という仕事の求人を見かけることもあると思います。大きなものでは自動車や飛行機の組立から、小さなものでは注射器や時計などさまざまな種類の組立作業があります。

この記事では、組立作業とはいったいどのような仕事内容なのか、どのような人に向いている仕事でどのような人には向いていないのか、また、組立作業の魅力についてもご紹介します。組立作業の仕事を探している人はぜひ参考にしてください。

組立作業とは

MNC0905-08-02.jpg

一般的に組立作業という職種は、組立図面を見ながら組立てて完成させる仕事です。大きなものから小さなものまであり、部品や完成品のサイズによって違っていてもやることとしては同じような内容です。

組立作業を必要としている職種は多彩で、大掛かりなものから私たちの生活に欠かせないものまであり、多くの業界や業種で必要な作業とされています。

ここからは、どのような業界・業種に組立作業が関わっているのか紹介します。

組立作業の仕事内容

組立作業の仕事内容としては、大量生産している商品などはレーン作業になっていて、ベルトコンベアから流れてくる部材を一つ一つ組立てていきます。

例として自動車の組立て作業を挙げると、多くの作業員がベルトコンベアの前に立ち、それぞれが自分に割り当てられた部材を組立てていきます。それらを最終的に組み合わせることで自動車を作ることができます。

ベルトコンベアは止まることなく動き続けるので集中力は必要ですが、1人1人に割り当てる作業自体は簡単なものばかりで、流れ作業でも問題なくこなすことができます。

また、プラスチック製品を扱う組立作業は軽くて単純な作業のものが多いのが特徴的です。そのため、力がなくても作業を行うことができます。

製造業の業種は非常に多い

組立作業は、主に製造業の作業が多いのですが、製造業と言っても数多くの業種があるので、組立作業にもさまざまな種類があります。主な製造業の例として、以下が挙げられます。

<製造業種例>

  • 車などの輸送用機械器具製造業
  • パンや弁当、畜産・水産食品などを扱う食料品製造業
  • 木材・木製品製造業
  • プラスチック製品製造業
  • 電子部品・デバイス・電子回線製造業
  • 情報通信機器器具製造業
  • 繊維工業

上記に挙げた業種はごく一部ではありますが、製造業には数多くの業種があることから、自分の興味があるものを作っていくことも可能になります。このように働き手の好みや興味で業種を選択することができるといったメリットもあります。

組立作業の魅力

MNC0905-08-03.jpg

ここまでは組立作業の大まかな内容について紹介しましたが、一定の作業ではつまらないと考える人もいると思います。しかし組立作業にはさまざまな魅力があります。

ここからは、組立作業は作業員にとってどのような魅力があるのかを紹介していきます。

モノづくりの楽しさを味わえる

まず最もわかりやすい魅力としてはモノづくりの楽しさを味わえるという点です。

一般的な会社でよくある結果が数字でしか見えない仕事ではなく、結果がそのまま形になって現れるので、自分が作ったことを実感することができます。

自分で作ったことを実感することでこれから先のやる気にもつながり、知人や友人に自慢をすることもできます。また、自分の興味がある分野の組立作業であれば、さらに完成した時の達成感は増すことでしょう。

機械の仕組みを知ることができる

基本的に組立作業には、特殊なスキルが不要な場合が多く、初心者でも手順さえ覚えることができれば簡単に取り組むことができます。

最初のうちは工程を覚えるのに時間がかかるかもしれませんが、ある程度慣れてくると、どのような工程で作られて、どのような部材なのかなどを考える余裕が出てきます。

そのように考えながら仕事に取り組んでいくことができれば、初心者で右も左もわからなかった人であっても、組立作業を通して機械の仕組みを知ることができます。

資格取得でキャリアアップ

組立作業は、初心者であっても取り組むことができる作業ではありますが、資格を取得することでキャリアアップをすることが可能です。

<組立でとれる資格>

  • 電気機器組立て技能士
  • 足場の組立て等作業主任者
  • 木造建築物の組立て等作業主任者
  • 建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者
  • 型枠支保工組立作業主任者
  • 鉄筋施工技能士
  • 自転車技士
  • パソコン整備士

上記で紹介した資格を取得することで、組立作業としてのキャリアアップだけでなく、給与のアップにもつながってきます。

女性が活躍出来る組立作業の魅力とは?

MNC0905-08-08.jpg

製造工場が女性を採用するメリットとして、細かい作業や、ミスがないように細かな部分に気付きやすいことや、効率よく組立作業を実施することから積極的に女性を採用しています。

ここでは製造工場で女性が働きやすい魅力について紹介します。

残業が少ないのでプライベートが確保しやすい

製造業は残業が少ないことが多く、定時に退社を基本とする工場もあります。

その為、趣味の時間を充実させることも可能ですので、仕事とプライベートを両立させたい女性には魅力です。

人間関係に悩まない環境

製造工場のラインの仕事は、一人でもくもくと作業をしますので、人間関係に悩むことは無いでしょう。

仕事を覚えるまでは、先輩とのコミュニケーションはありますが、覚えてしまえば、会話をすることもほとんどありません。

人間関係に悩まれた経験がある女性の方や、目の前の仕事をもくもくとした女性にとっては、働きやすい環境です。

力のない女性でも活躍できる半導体製造や電子部品開発メーカーでの組立作業

半導体は、名前だけは耳にしたことがあっても実際にどのようなものかを答えられる人は多くありません。

半導体は、テレビやエアコンなどの私たちの生活に欠かせない電化製品に使われている部品で、精密機械の心臓部にあたる部品になっています。

そのため、半導体の組立作業には細かな作業が要求される場面が多く、男性よりも女性向きの仕事と言われています。

<人気が高い理由>

  • クリーンルームの中で行う仕事なので汚れない
  • 力仕事ではない
  • 電子機器組立て技能士など資格取得を目指せる

主な内容としては、半導体に使われるチップを固定していく作業になりますが、作業中に手を汚すことなく体力を必要としない点や、続けるうちに資格の取得を目指せることから女性からの人気の高い職種になっています。

女性が活躍ができる

男性が主に作業をしているイメージの強い組立作業ですが、組立作業は細かい作業も多く、男性よりも女性の方が向いていることが理解できたでしょうか?

力仕事などでは男性が活躍していることが多いですが、組立作業の中には女性にとって身近な日用雑貨などの製造業も多くあり、業種によっては女性の多い職場もあるので安心して通うことができます。

また、組立作業は一般的に衣類や手が汚れてしまうイメージですが、プラスチックの加工などもあり、手を汚すことなくプラモデル感覚で組立てることができる製品もあります。

工場の組立の仕事が女性に熱い

  • 1.製造工場では女性を積極的に採用している
  • 2.プライベートを確保しやすい
  • 3.人間関係に悩まない仕事
  • 4.組立作業は、力が無い女性に人気の求人

人気の高い組立作業

数多くある組立作業の中でも特に人気の高い組立作業があります。男性であれば自動車の組立て作業や住宅組立作業、女性であれば電子部品開発などに人気があります。

ここでは人気の高い組立作業について紹介すると共に、なぜ人気が高いのかを紹介していきます。

車好きにはたまらなく求人数も多い自動車製造での組立作業

実際の自動車製造の組立では、ベルトコンベアから流れてくる車などの母体となる部品に、細かな部品を組み合わせて、ボルトやナットで締め付けて車を完成させていきます。

1人1人の作業自体は1分で終わるような簡単な作業だけではなく、10分以上かかる大掛かりな作業もありますが、自分に割り当てられた作業を確実にこなしていく必要があります。

ここまで聞いていると簡単な作業と難しい作業があるように思いますが、基本的に流れ作業でできるような工程ばかりで、1人に負担をかけるのではなく全員で1台の自動車をくみ上げていくことになります。

<人気が高い理由>

  • 車好きな人にはたまらない職場
  • 車に詳しくなれる
  • 求人募集が多い

以上のような理由が、自動車の組立作業が人気の理由で車が好きな人には趣味と実益を兼ねた職種となっています。

人が生活する空間作りに関わる住宅建材の組立作業

住宅建材や家具製造での組立作業も人気の高い職種です。住宅建材や家具製造の組立は、住宅に使われるアルミサッシの枠組みや建材などを組立ていきます。

また、大きなものであれば住宅の屋根や外壁の下地を取り付ける作業となり、精密機器のように手先の器用さよりも、安全に作業するための知識と技術が重要な職種となります。人が住む住宅だからこそ安全性を考えた高い意識が必要になってきます。

<人気が高い理由>

  • 人が住む空間作りに関われる
  • DIYの延長線として挑戦しやすい
  • 木造建築物の組立て等作業主任者など資格取得を目指せる

上記のように、住宅建材や家具製造では住宅を組み上げるという大きな業務に携われるだけでなく、作業を続けて知識を身に着けることで、DIYに活用することもできると人気があります。

また、作業を続けていくことで建築関係の資格を取得できる点も人気の理由となっています。

組立作業に向いている人・向かない人

MNC0905-08-05.jpg

ここまでで組立作業とはどんな作業なのか理解できたと思いますが、どんな仕事であっても向き・不向きはあります。

簡単であり人気の仕事だからと考えて仕事を始めても、向いていなければつらい仕事になってしまいます。 ここでは組立作業に向いている人と向いていない人の特徴について説明します。

向いている人

組立作業に向いている人の主な特徴は、以下が挙げられます。

<向いている人>

  • 集中力がある人
  • 根気がある人
  • 冷静な判断力を持つ人
  • 単純作業が苦にならない人
  • モノづくりが好きな人
  • 手先が器用な人
  • 体力がある人

組立作業はベルトコンベアから部品が流れてきますので、集中力を持って作業をする必要があり、同じことの繰り返し作業になるため、単純作業を繰り返していてもつらいと感じない人や、根気を持って作業ができる人が向いていると言えます。

また、基本的にはモノづくりになりますので、モノづくりが好きでなければ続けていくのは難しい職種です。

また、器用さも求められるため、手先が器用な人にも向いている職種になっています。他にも工場での勤務は交代制の場合も多く、夜勤で働くことがあるので、体力も必要となります。

向かない人

以下のような特徴の人は組立作業に向かないと言えます。

<向かない人>

  • 落ち着きのない人
  • おしゃべりな人
  • 大雑把な性格の人
  • マイペースな人
  • 体が弱い人

組立作業ではベルトコンベアは止まることがないため、おしゃべりが好きで途中で手が止まるような人や、マイペースな人には向いておらず、流れ作業の中で冷静な判断が必要となるため、落ち着きのない人も向いていません。

また、細かい作業が多くなるので、大雑把な性格の人にも向いていない職種と言えます。

組立作業は自動化が進んでいるがニーズはまだまだある

MNC0905-08-06.jpg

組立作業はさまざまな分野で自動化が進んでいます。その背景の1つとして、組立作業を行う製造業という職種は人材不足が課題となっている点もあります。

その人材不足を補う取り組みとしてロボットなどの機械を導入する工場が多いです。 しかし、自動化ができていない組立の工程も多くニーズはまだまだあるため、求人募集を出している工場も多くあります。また、機械による自動化を行うことで「機械を操作する人材」や「機械を整備・チェックする人材」も必要になってきます。

任せられる部分は機械に作業をしてもらい、機械ができない作業を人間が行うことによって業務の効率化にもつながります。

応募時の志望動機例

MNC0905-08-07.jpg

ここでは、組立作業の仕事に応募した際に面談で答えると高い評価をもらえる志望動機の例を紹介します。

<20代男性>

私は、外での仕事よりも建物内での仕事が好きで、以前は和菓子屋で和菓子の盛り付けのアルバイトをしておりました。和菓子の盛り付けのアルバイトでは「手先の器用さ」、「同じ作業の繰り返し」を求められる仕事ですが、そのような仕事が自分の性格に向いているとわかり、自分が手がけたものが店舗で陳列されているのを見かけると充実感もありました。

志望動機としては製品の組立作業ということもあり、コツコツ丁寧にする自分の性格を活かすことができると考えました。また自動車は昔から好きで自動車の組立て方を学びたく、ぜひお仕事させていただきたいと思い志望した次第です。

学生時代には野球とサッカーをしておりましたので、体力には自信があり、立ち仕事や荷物の持ち運びなど問題なくこなせます。長期勤務希望です。よろしくお願いします。

<40代女性>

私は、小さなころからビーズ遊びやプラモデルなどが好きで、1人でコツコツと作っていき完成した時の充実感が好きでした。そこで今回職を探すにあたり、昔から自分が好きだったことに携わりたいと思い志望させていただきました。

半導体という全くの未経験なジャンルの仕事ではありますが、仕事内容がコツコツと単純作業をこなしていくとのことでしたので、自分のコツコツと集中して作業できる性格を活かすことができると感じました。少しでも早くお役に立てるようがんばりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

面接などで志望動機を話す時には、コツコツと作業することが好きなことや、体力には自信があることなど具体的に話すと良く、似たような職務経験や趣味がある場合は、その部分をアピールするといいでしょう。

また、アピールをする場合には具体例を挙げるとより効果的になります。

まとめ

組立作業は、工場勤務の中でも特にスキルを要求するような仕事ではなく、単純な作業になりますが、続けていることで国家資格を受けられたり、自分のスキルを高めたりすることもできる職種になっています。

また、夜勤もあるため体力的につらい部分もありますが、その分給与や福利厚生がしっかりとしている職種もあるので、自分の趣味や経験を活かしやすい職種になっています。

自分の興味や性格を考えて自分に合った職種を探すようにしましょう。

UTグループでは、製造業界で一緒に働く仲間を募集しています。高卒や大学中退された方でも、やる気がある方を積極的に採用しています。

充実した研修制度もありますし、全く知識がなくても大丈夫です。先輩社員もいるので、仕事中分からなくなってもすぐに相談できます!

とはいえ、製造での勤務が初めての人にとって「生活は安定するのか?」「実際どんな仕事をするのか?」「社宅ってどんな感じなのか?」と疑問をお持ちの方も多いはず。

まずは「応募」していただき、面接まで進んでいただければ、どんな感じで働くのかなど詳しくお伝えします!皆さんから質問にお答え致しますので、まずは「応募」してみてください。

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.