工場の仕事図鑑
更新日:2019年10月04日

ピッキングの仕事とは|求人内容から時給・勤務形態を紹介

ピッキングの仕事とは|求人内容から時給・勤務形態を紹介

求人で見かける、バイトや正社員・派遣で募集されていることが多いピッキングの仕事。

未経験者歓迎のところも多く、男女関わらず作業することができる人気の仕事です。ピッキングの求人に興味があるけれど、具体的にどのような仕事内容なのか分からないという方は多いでしょう。

そこで今回は、ピッキングという仕事についてご紹介します。ピッキングに向いている人や向いてない人についても解説していきます。

ピッキングの仕事内容とは

ピッキングとは、伝票や指示書に基づいて、倉庫や工場に保管されている商品を取り出す(ピックアップする)仕事のことです。

伝票や指示書に従って、指定通り商品を集めてきます。集める商品は職場によって異なり、衣服を集めるところもあれば、本や文房具、食料品を集めるところもあります。

ピッキングは指定の物を集めるなどの簡単な仕事内容なので、未経験を歓迎しているところが多く人気がある仕事です。

しかし、中にはフォークリフトを用いる重い物を集めるところもあるので、応募の際は事前にフォークリフトの免許が必要なのか確認するといいでしょう。

ピッキングの種類

pixta_31511930_S

ピッキングは大きく分けて、2種類あります。 1つ目が、倉庫内を回って必要な商品を取り出していくシングルピッキング(摘み取り)方式と、2つ目が、ベルトコンベアに流れてくる箱に指定の商品を入れていくトータルピッキング(種まき)です。

同じピッキングでも、この2つは仕事内容が大きく異なります。ここでは、シングルピッキングとトータルピッキングについてそれぞれ紹介します。

シングルピッキング(摘み取り)

シングルピッキング(摘み取り)とは、作業者が1つの注文に対して商品が保管されている棚に移動し、指示書などに書かれている指定の商品を取って集める方式のことです。

作業者は、渡された指示書を見ながら、歩いて指定の商品を探し回ります。商品が見つかったら、必要な分だけカートなどに入れます。

一種類だけ集める場合もあれば、一度に数種類集める場合もあります。数種類集める場合は、そのまま他の商品を探して集めます。

商品が正しいかどうかは、専用の機械を使ってバーコードで読み取るか、目視で確認します。 必要な商品を全て集め終わったら、あらかじめ指定された場所へと持って行き、また指示書を受け取って次の注文分の商品を集めに行きます。後は終了時間までこの作業の繰り返しとなります。

トータルピッキング(種まき)

トータルピッキング(種まき)とは、複数の注文をまとめて必要な物を一気に集めてしまってから仕分けする方法です。

何度も行き来することを避けるために、一度で多くの商品をピッキングしてしまおうという方式です。

シングルピッキングと同じく商品を集めるのですが、一気にまとめて商品をピッキングしてくるので、最終的に注文ごとに仕分けをする必要があります。

また、職場によっては、自分は商品を歩き回って集める作業はせず、ベルトコンベアの前で指定の箱などに担当の商品を入れていくだけという場合もあります。

ベルトコンベアの前で仕分けをする場合は、シングルピッキングのように何度も行き来せずに済むというメリットがあります。

ピッキングの業務の魅力について

ここまでで、ピッキングの仕事内容について理解できたと思います。ここでは、ピッキング業務の魅力についてご紹介いたします。

未経験でも働ける

ピッキングの求人を見ていただくと分かりますが、ほとんどが未経験で働けるので、ピッキング作業はおすすめのバイトです。

運動不足の解消になるかも(笑)

商品を探すピッキングの仕事の場合、倉庫内を往復して品物を運びますので、足腰が鍛えられます。

日頃、あまり運動していない人にはおすすめの仕事です。

仕事は週3日からなど、シフトが組みやすい

ピッキングの求人を見ますと、週3日OKとか、勤務時間相談OKといった、ピッキング業務はシフトが組みやすいことが多いです。

最低出勤するバイトの日数は勤務先によって異なりますので、あなたの都合に合わせた求人を選択しましょう。

夜勤で高時給の求人も多い

たくさん稼ぎたいという人は、夜勤のバイトをおすすめします。

夜勤のバイトですと、おおよそ時給1,000円~1,600円の求人もありますので、夜型の方にはオススメです!

ピッキングのバイトの時間と時給

pixta_28747391_S

ピッキングの仕事は、多くの人数を要することからバイト求人が多い傾向にあります。そこで気になるのが、ピッキングの仕事時間と時給です。

ここでは、ピッキングのバイトの時間と時給についてご説明します。

時間

ピッキングの仕事時間は求人によって異なります。フルタイムで週5日勤務のところもあれば、1日4時間、週2、3日前後で雇ってもらえるところもあります。

採用期間も長期のところもあれば、短期だけのところもあるなど、求人によってさまざまです。 自分がどのくらいの時間働きたいのかを確認して、どのピッキングの求人に応募するのかを決めるといいでしょう。

比較的に自由度が高い求人が多いので、学生や主婦でピッキングをしている人はとても多いです。

また、会社によっては残業があるところもあります。特に繁忙期などで注文が増えるときは、残業をお願いされることがあるかもしれません。

残業をした場合は、25%の割増賃金になるため、効率良くお金を稼ぐことができます。

時給

ピッキングの時給は大体800円~1,200円くらいです。相場の平均は1,000円を少し超えるくらいで、比較的高めであると言えます。

また、フォークリフトの免許を持っていると、求人によっては時給アップが見込めます。

未経験歓迎でありながら時給が高いところも、ピッキングの求人の人気の秘密であると言えるでしょう。 ピッキングの求人に応募する際は、交通費の有無は確認しておきましょう。最寄り駅までの送迎バスはあるけれど交通費が支給されないなど、職場によってさまざまです。

また、日払いや週払いをしているかどうかも確認することをおすすめします。日払いを認めているところも多くあります。

ピッキング作業におけるコツ

ここでは、ピッキング作業におけるコツをいくつかご紹介します。ピッキングが初めてで不安だという方も、以下のことを頭に入れておけば、スムーズにピッキングをこなすことができるでしょう。

シングルピッキング(摘み取り)のコツ

  • 倉庫内の地図を最初に把握しておく

最初に倉庫内のどの棚に何が入っているのかを把握しておくことで、効率良く商品を探すことができるようになります。

  • 最短ルートを意識してピッキングする

ピッキングでは、多くの距離を歩くことになります。そのため、最短ルートを意識できるかどうかで、トータルの歩行距離、作業効率が大きく変わってきます。

どのように歩けば早いか、常に考えながらピッキングしましょう。

  • 安全に速く歩くことを意識する

倉庫内で走ることは厳禁です。そのため、ピッキングではいかに速く歩くかが大事になります。

他の作業者と衝突しないように注意したり、そういったルートを探したりして早く歩くことを意識しましょう。

  • 商品を早く正確に数える

商品がある棚に行くまでが速くても、商品を数えるスピードが遅かったら作業効率は落ちてしまいます。

また、正確に数えることができないと、ピックミスとなり手間が増えることになります。ピッキングでは、いかにして商品を早く正確に数えるかが重要になってくるのです。

  • 動きやすい靴を履いて疲れない工夫を

長時間歩くシングルピッキングは、自分が思っているよりも長距離を歩くことになります。

自分の足のサイズに合った動きやすい靴を履くなど、疲れない工夫を心がけてください。靴を軽視して足を痛めてしまうと、まともに仕事ができなくなってしまう可能性があります。

トータルピッキング(種まき)のコツ

  • わからないことがあったらすぐに聞く

トータルピッキングは、シングルピッキングに比べて把握すべき事項が多いです。そのため、特に最初はわからないことがたくさん出てくる可能性があります。

そのときに、何となくわからないまま作業をするのではなく、すぐに聞く癖をつけましょう。ミスをするくらいなら、質問をたくさんして理解することが大事です。

  • リーダーや先輩にコツを聞く

トータルピッキングでは、自分一人で考えても作業のコツがわからないことが多いです。そこで、リーダーや話しやすい先輩などに、作業のコツを聞くことをおすすめします。

自分では思いつかないような効率の良いやり方を教えてくれることが多いので、早めにコツを聞いておきましょう。

  • 優先順位を意識して作業する

トータルピッキングは、扱う商品の量と作業量がともに多いです。

そのため、常に何を優先すべきか意識して作業する必要があります。進行状況に応じて柔軟に動きましょう。

  • コミュニケーションを取って作業をする

トータルピッキングは多くの人と一緒に行う作業です。そのため、チームワークが重要になります。

コミュニケーションを意識して作業を行いましょう。

ピッキング作業に向いている人、向いてない人

pixta_31377107_S

ピッキング作業に興味はあるけれど、そもそも自分が向いている仕事なのか知りたいという方も多いことでしょう。

ここでは、ピッキング作業に向く人、不向きな人を紹介します。自分がどちらに当てはまるかチェックしながら読んでみてください。

ピッキングの仕事に向いている人

  • 集中力がある
  • 体力に自信がある
  • 目標を立てて仕事ができる
  • 注意深く慎重
  • 好奇心旺盛
  • マイペースで仕事をしたい(シングルピッキング)
  • 仲間と一緒に仕事したい(トータルピッキング)

長時間歩いても苦ではなく、ピッキング作業に集中し続けることができる人が、ピッキング作業に向いていると言えるでしょう。

また、単純作業の中で目標を立てて行動できる人が、ピッキング作業に向いています。

ピッキングの仕事に向いてない人

  • 立ち仕事をしたくない
  • 派手な仕事をしたい
  • 接客が好き
  • 優柔不断でのんびり

ピッキングは、立ち仕事で地味な作業が続くため、立ち仕事をしたくない人や派手な仕事や接客などをしたい人には不向きです。

また、素早く商品を選んで集めることを求められるので、優柔不断でのんびりした人もピッキングに向いていないと言えます。

面接では、営業のような対人スキルなどは求められませんが、テキパキと仕事を進めることや、報告・連絡・相談(ホウレンソウ)のコミュニケーション能力、元気に挨拶をすること、遅刻をしないこと、無断で欠勤をしないことなど、最低限のルールを守ることは求められます。

まとめ

ネットで買い物することが当たり前の時代です。ピッキングの仕事は物流において欠かせないので、求人の募集もたくさんあります。スキルを必要としていないので、未経験でも応募することが出来ます。

UTグループでは、ピッキングの求人を多く掲載しています。バイトではなく、正社員として働くことに興味がある人は、是非求人を見てご応募下さい。中卒や、高卒、大学中退された方でも、やる気がある方を積極的に採用しています。

充実した研修制度もありますし、全く知識がなくても大丈夫です。先輩社員もいるので、仕事中分からなくなってもすぐに相談できます!

まずは「応募」していただき、面接まで進んでいただければ、どんな感じで働くのかなど詳しくお伝えします!皆さんから質問にお答え致しますので、まずは「応募」してみてください。

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.