工場の仕事内容
更新日:2019年10月21日

営業から製造業への転職はおすすめしないって本当?知っておいた方が得する製造業の働き方

営業から製造業への転職はおすすめしないって本当?知っておいた方が得する製造業の働き方

営業職として働いている人の中には、営業職のノルマや休日出勤を強要されるなど、辛いと感じ製造職への転職を考えたことがある人もいるかと思います。
ですが、インターネットなどでは製造職への転職をおすすめしない記事を見かけることがあります。果たして本当に営業職から製造職への転職はおすすめでないのでしょうか。
今回は営業職から製造職へ転職を考えている人向けに、知っておくことで得する働き方などについて紹介していきます。

営業から製造業への転職は可能!

まず営業職から製造職への転職は、畑違いの働き方になるので、本当に可能なのか気になりますが、結論から言うと転職することはできます。 ですが、安易に考えて転職するのではなく、注意しておかなければいけないことも当然あります。

  • 志望動機を明確に持つこと
  • 製造業に取り組みたいという前向きな気持ちで面接に臨むこと
  • キャリアアップを目指して長期的に長く務めるというスタンスで臨むこと

以上のことには十分に注意しておきましょう。

営業から製造業へ転職するメリット

MNC0909-01-02

営業と製造業では、働き方が違うだけでなく製造業で働くことのメリットにも違いがあります。

  • 製造業はサービス残業や仕事の持ち帰りが少ない
  • まとまった長期休暇がもらいやすい
  • 工場は郊外に立地することが多いので、都会の人混みや満員電車での通勤から解放される
  • 目の前の仕事に集中できる
  • 営業職と比較すると対人関係のストレスが少ない
  • 会社の安定性がある

以上のことが製造業のメリットになっていますが、営業職で人間関係や働き方によってストレスを感じてしまうのであれば、製造業の方が働きやすい環境といえるかもしれません。

営業から製造業の大きな違い

MNC0909-01-03

営業と製造業では、仕事をしていく中で目的に大きな違いがあるため、ノルマや給料面などの違いだけでなく、働き方など様々な違いが生じてきます。 ここからは、営業と製造業の違いについて解説していきますので、自分が求めている働き方なのか確認してみてください。

ノルマの違い

営業と製造業では課せられるノルマに違いがあります。 営業の場合であれば売り上げのノルマを課せられる場合が多くなり、そのノルマがプレッシャーになってしまうだけでなく、ノルマを達成することができない場合は、上司から叱責されたり嫌味を言われたりすることがあります。 また、営業のノルマはプレッシャーになるだけでなく給料にも反映されるケースが多く、営業成績が良ければ給料を多くもらえることがありますが、反対にノルマを達成できなければ減給の対象となってしまいます。 一方の製造業の場合ですが、営業のように売り上げのノルマがなく、製造する数量に関するノルマが課せられることがほとんどです。 この数量に関するノルマですが、働き始めでは確かに体力的に辛く感じることがあるかもしれませんが、慣れてしまえばノルマをこなしていくことができるので、営業職のように精神的なプレッシャーを感じることは少ないでしょう。

給与相場の違い

次に営業と製造業の違いですが、給与相場にも大きな違いがあります。 営業の場合であれば実績を作っていき、売り上げを上げることで給与にも反映されやすく、多くの給与を得ることができる可能性があります。 ですが、ノルマを達成することができない場合には、給与が増えることがないだけでなく、会社に居づらくなったりするリスクもあります。 一方の製造業の場合であれば、働く企業や業種によって給与に違いがあり、最初のうちは営業に比べると安い給与しかもらうことはできません。 ですが、資格などを取得していくことで給与を上げていくことができますし、休日出勤や残業代がキチンと反映されるだけでなく、夜間作業など特殊な場合になれば割増で給与をもらうことが可能となっています。

休日日数や勤務時間の違い

営業と製造業には休日日数や勤務時間にも違いがあります。 営業は残業時間が多い仕事のランキングで常にランクインする仕事で、残業だけでなく休日であっても連絡やクレームなどで、電話対応や最悪の場合顧客の元に駆けつけるなど、休日でありながら常に仕事について考えなければいけません。 また、ノルマが達成できていない場合には、休日出勤やサービス残業を強要される場合もあります。 一方の製造業の場合は、勤務中と勤務時間外が明確に分けられていて、サービス残業を強要されることもなく、残業をした場合でも確実に残業代をもらうことができ、作業時間などもしっかりと管理されているので、無駄なく働きやすい環境になっています。

営業から製造への転職

  • 1.ノルマに関して 毎月の営業ノルマがプレッシャーになり胃がキリキリすることもありますが、歩合に反映される会社もありますが、製造の仕事は数をこなすノルマが課せられる工場もあります。
  • 2.給料の違い 営業は売上を作り続けることが大変ですが、製造業は夜勤と日勤などをすることで給料に大きな違いが出てきます。働く工場によっては、入社祝金や連続で勤務することで、毎月の給料に上乗せして、お金がもらえますので求人をしっかり読むことをオススメ致します。

未経験でも製造業に転職は可能?

MNC0909-01-04

営業からの転職など未経験から製造業で働くことができるのか不安かもしれませんが、基本的には工場勤務などは未経験でも応募することは可能になっています。 ただし、大手メーカーなどでは年齢制限や有資格者など条件がある場合がほとんどですので、中小企業の工場勤務になってしまう可能性が高くなっています。 また、最初から正社員での勤務になるのではなく、アルバイトからトライアル雇用されるケースも少なくありません。 基本的に製造業は技術職ですので、少しでも多くの収入を得るためには、自身のスキルを磨くだけでなく、資格の取得などをしていくことが重要になってきます。

楽だけではない?製造業について知っておくべきこと

MNC0909-01-05

ここまでの解説を見ていると、どうしても営業よりも製造業の方が楽に感じてしまうかもしれませんが、決して製造業も楽な仕事ではありません。 そのような考え方で転職してしまうと、失敗する可能性が高くなりますので注意が必要になってきます。

  • 複雑な人間関係がないわけではない
  • 一つの工場で様々な製品を作っているので、部署移動の可能性がある
  • 最初から正社員ではなく、契約社員やアルバイトからスタートする場合も
  • 体力的にキツい仕事で、腰などに負担がかかることもある

以上のことを理解しておくことで、製造業への転職で失敗するリスクを軽減することができます。 そして、このようなデメリットは、製造業に限らずどのような職種であっても必ずありますので、決して製造業はデメリットが多いということではないということを理解しておきましょう。

製造業への転職するときの志望動機の書き方

MNC0909-01-06

営業から製造業に転職する際に、志望動機を問われるかと思いますが、営業からなぜ畑違いである製造業に転職したいかを具体的に伝える必要があります。 当然今までに経験したことのないことに挑戦するのですから、今までの営業で培った能力では志望動機としては弱くなってしまいます。 そのため、【細かい作業が好き】【目の前の作業に集中したい】【ものづくりに携わることで製品が出来上がる喜びを感じたい】など、器用さや真面目さなどをアピールすることが、営業から製造業に転職する際のポイントとなってきます。

製造業に転職するときに失敗しない方法

MNC0909-01-07

最後に営業から製造業に転職する際の失敗しないポイントについて紹介しておきます。

  • 未経験者でもしっかり育ててくれる会社を選ぶ
  • わからないことは、一度聞いたことがあることでもしっかりと聞く
  • 残業代の規定や福利厚生などの規定がしっかりしているかについて確認する

これらのことに注意しておくことで、製造業に転職しても失敗せずに済みます。 また、失敗しない転職方法として【JOBPAL】を利用するのも非常に有益な方法の一つで、JOBPALを利用することで自分の希望にあった転職先を面談を通して見つけることができるようになっています。

営業から製造業への転職はアリ

MNC0909-01-08

いかがでしたでしょうか。製造業は、営業などに比べるとノルマなどのプレッシャーも低く、精神的な負担を軽減しながら働くことができます。また、未経験であっても求人案件が多くなっているので、営業職でプレッシャーを感じ辛い思いをしている人は、製造業に転職を検討してみるのもひとつの選択肢かもしれません。 UTグループでは、製造業界で一緒に働く仲間を募集しています。 高卒や大学中退された方でも、やる気がある方を積極的に採用しています。 充実した研修制度もありますし、全く知識がなくても大丈夫です。先輩社員もいるので、仕事中分からなくなってもすぐに相談できます! まずは「応募」していただき、面接まで進んでいただければ、どんな感じで働くのかなど詳しくお伝えします!皆さんから質問にお答え致しますので、まずは「応募」してみてください。

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.