工場の仕事図鑑
更新日:2022年08月16日

軽作業とは?主な仕事内容からキャリアの幅の広げ方まで解説

軽作業とは?主な仕事内容からキャリアの幅の広げ方まで解説

※この記事は4分30秒で読めます。

「軽作業ってどんな仕事をするの?」
「軽作業はどんな人が向いているの?」
など、軽作業についてさまざまな疑問を持っている方もいるでしょう。

軽作業は簡単な仕事のため、未経験でもチャレンジすることができます。

この記事では、軽作業の概要、仕事内容、向いている人の特徴などを解説します。この記事を読めば、軽作業のことが理解でき、軽作業の経験をベースにしたキャリアの幅の広げ方までを知ることができます。

1.そもそも軽作業とは?

軽作業というと「軽いものを扱う仕事」と思うかもしれませんが、正しくは「誰にでも覚えられる簡単な作業」のことです。

仕事内容は多岐にわたりまずが、荷物の運搬や仕分け、梱包など、主に工場や倉庫内でおこなわれる製造以外の業務全般のことを指します。なかには体力を必要とする仕事もあります。

軽作業は仕事内容が覚えやすいため、ほとんどが未経験で働ける仕事です。また、求人数が多いのも人気の理由です。

2.主な軽作業の例

ここでは、代表的な軽作業である「仕分け」「検品」「ピッキング」「梱包」「シール貼り」について紹介します。

2-1.仕分け

仕分けは、指定された通りに荷物を仕分ける仕事です。

次の作業がしやすいよう、仕分けた荷物の置き場も考えながら作業します。正確さが求められるため、集中力と正確さが必要になります。

2-2.検品

検品は、商品・製品を出荷するにあたって、不良品や異物混入などがないかチェックし、一定の品質を保つ仕事です。

基本的には、チーム内で担当を振り分け、ベルトコンベアに乗って流れてくる商品・製品を順番に確認していく連携プレイになります。

2-3.ピッキング

ピッキングは、倉庫や工場の保管庫から、電子端末に送られてくる指示に従って出荷前の商品や製品をピックアップする仕事です。

従業員がカートなどを押して商品・製品を探す場合と、ベルトコンベアで流れてくる商品・製品から指示通りのものを選び取る場合があります。

2-4.梱包

梱包は、商品・製品を出荷するために、指定された段ボールに入れたり、包装紙で包んだりする仕事です。

運搬中の安全を確保するため、緩衝材などを入れることもあります。

2-5.シール貼り

シール貼りは、商品や郵便物にシールやラベルを貼る仕事です。

工場や倉庫内での作業が一般的で、工場の場合はベルトコンベアで流れてくる商品にシールやラベルを貼ります。倉庫では、主に段ボールや商品の箱にラベルを貼ります。

それと同時に仕分けや検品、梱包などの作業をおこなうところもあります。正確かつきれいに貼らなければならないため、集中力が必要です。また、多くの数をこなすことが求められるため、素早さも必要となります。

3.軽作業の勤務形態と給料の相場は?

軽作業の仕事は、どのような勤務形態が多いのでしょうか。また、給料の相場はどれくらいなのでしょうか。

UTグループで掲載している軽作業の求人情報を見ると、ほとんどが無期雇用派遣ですが、時給制と月給制があるようです。

3-1.雇用形態・勤務形態

繁忙期にアルバイトを雇うことも多い軽作業ですが、雇用形態は正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトなどさまざまです。

勤務形態は基本的に朝8時30分くらいから17時30分くらいまでの定時勤務か、夜勤を含む2交代制、3交代制のところが多いようです。

3-2.給料の相場

エリアによって異なりますが、月給制なら15万~22万円前後、時給制なら1,300円前後(月収例:20万円前後)が相場となっています。

ほとんどの職場で別途手当がつくので、手取りは月給+5万円前後になるでしょう。

4.軽作業はどのような人に向いている?

軽作業の仕事は、どのようなタイプの人に向いているのでしょうか。

  • 単純作業のなかにやりがいを見つけられる人
  • 集中して業務に取り組める人
  • 体力のある人
  • 細かな指示を守れる人

それぞれについてお伝えします。

4-1.単純作業のなかにやりがいを見つけられる人

軽作業の業務は、比較的単純な作業の繰り返しです。

そのため、「新しいことにどんどん挑戦したい!」という人よりは、一つのことに飽きずに取り組み、業務の効率や質を向上させることに喜びを感じられる人に向いています。

4-2.集中して業務に取り組める人

軽作業で重要なのは、ミスなく、正確に作業をすることです。特に検品などは、同じ商品をいくつもチェックし不備を見つけ出さなくてはなりません。手元での細かな作業になるので、集中力を維持し続ける必要もあります。

小さな傷や異常を見つけることが、出荷する商品の安全性や信用につながるという点にやりがいを見出せると、仕事により興味を持てるようになるでしょう。

4-3.体力のある人

検品や梱包などは、体力よりも集中力が求められますが、ピッキングは重い荷物を運ぶこともあり、ある程度は体力がないと難しい仕事です。

立ち仕事を嫌がらず、きびきびと動けることも重要です。

4-4.細かな指示を守れる人

軽作業の仕事に求められるのは、創意工夫よりも指示通りに仕事をこなせる正確性です。

なかでも梱包は、あらかじめ決められている方法に従って大量の商品をきれいに包んだり、向きを揃えて箱に入れたりしていかなくてはなりません。雑にならないよう、丁寧に作業することが大切です。

5.軽作業でもキャリアの幅は広がる?

軽作業は同じ作業の繰り返しのため、キャリアの幅を広げるのが難しいと思われがちです。

しかし、集中力、持久力、正確さといったスキルを得ることができます。これらは軽作業以外の仕事にも活かすことができるものです。

例えば、集中力や正確さはオフィスワークや管理職、持久力は運送業や販売員など体を動かす仕事に活かせます。

ただ作業をこなすだけでなく、自分の成長を意識しながら働くことができれば、自分を高めることができ自信にもつながります。そうして得たスキルがあれば、転職した場合でもきっとキャリアアップを目指せるでしょう。

6.軽作業は未経験者もチャレンジしやすい!

軽作業のスタッフを雇用するにあたって、特別な技能や知識を求める会社はほとんどありません。

複雑な作業でもないので、未経験者でも安心して応募できます。特にUTグループではエンジニアへのキャリアアップをサポートする仕組みなどを用意しているので、キャリア形成のファーストステップにも適しています。

もし未経験からの転職活動に不安がある場合は、転職サポートを活用することで、よりスムーズな転職が実現します。

UTグループでも、就職や転職に関する相談を受け付けています。経験豊富な担当者が求人探しをサポートさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

7.軽作業の求人あり!UTグループの強み

軽作業の仕事は、比較的アルバイト・パートでの雇用が多く、正社員で雇用してくれるところはそう多くありません。お中元やお歳暮など、繁忙期限定の短期スタッフも少なくないので、正社員で働きたい人の選択肢からは外れてしまいがちです。

その点、工場求人情報の紹介をおこなうUTグループなら、掲載している求人情報のほとんどが正社員と同じように期間の定めのない(=基本的に派遣切りのない)「安定型派遣(無期雇用派遣)」なので、「年齢的にそろそろ落ち着きたい」「安定した収入がほしい」という方にはピッタリです。

長期休暇を含めてしっかり休みを取ることができ、日勤のみで夜勤がない職場も多いので、育児や家事、介護などと両立して働きたい方にも多様な選択肢を提示できます。

実際に働いているスタッフも、「有給休暇が取りやすいので、子どもの学校行事に参加できるようになった」「周りと助け合いながら休みを調整できるのがうれしい」「残業が少ないので、家事も疎かにならずに済む」といったように、環境に満足している人が多いです。

8.軽作業に該当する仕事について詳しく解説

ここまでご紹介した通り、軽作業にはさまざまな仕事があります。また、軽作業の仕事は未経験歓迎の仕事がほとんどであるため、誰でも気軽にチャレンジすることができます。

ただし、特徴、仕事内容、難しさなどはそれぞれの仕事で異なってくるため、自分に合う軽作業の仕事はどれか、しっかりと考えてみましょう。

弊社JOBPALでは、下記ページにて軽作業に該当する仕事の特徴を掲載しています。自分に合う仕事をお探しの場合はぜひご覧ください。

9.JOBPALで軽作業のお仕事を検索してみよう!

今回は、軽作業の仕事についてお伝えしました。

軽作業は、これまでの経験や実績、学歴などを問わず、未経験から始められる仕事です。

働く環境は、工場や製造現場になるため、さまざまな製品や部品、機械に触れながら仕事をすることができるでしょう。

少しでも軽作業の仕事に興味を持っているなら、ぜひ求人情報をチェックしてみてください。

弊社JOBPALでは、製造・工場系の求人を中心に、数多くの求人情報を掲載しています。高収入の案件も数多く掲載しているのでぜひご覧ください。気になる求人があれば、お気軽にご応募いただければと思います。

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.