自動車工場の派遣はきついって本当?肉体的・精神的にしんどいという噂の真実を解説

派遣の仕事内容
更新日:2019年12月16日
自動車工場の派遣はきついって本当?肉体的・精神的にしんどいという噂の真実を解説

派遣の仕事の中でも工場勤務は基本的に立ちっぱなしの仕事できついイメージがあるかもしれません。その中でも特に自動車工場はきついと言われています。そこでこの記事では、果たして本当に自動車工場での派遣の仕事はきついのか、解説していきます。 

自動車工場の仕事とは

12

自動車工場と一括りにされていますが、自動車工場は細分化されていて、自動車に使われる部品だけを作る工場や、出来上がった部品を組み立てる工場などがあります。自分に合った工場を選ぶことができ、工場によっては寮も完備されている場合があります。量が完備されている工場もありますので、通勤時間を短縮した環境で働くことも可能となっています。

自動車工場での派遣社員の仕事

13

自動車工場では、契約社員・派遣社員の3種類の雇用形態で形成されていて、契約方法が違うことによってそれぞれ働き方なども変わってきます。ここでは、それぞれの雇用形態の違いや、派遣社員の仕事内容について解説していきます。

契約社員・派遣社員の違い

ここでは、契約社員・派遣社員の違いや特徴についてそれぞれ解説していきたいと思います。

●契約社員(期間工)
期間限定での自動車工場で働く社員で、基本給は高めですが、時間外など手当が充実していることもあり、短期間で多くの金額を稼ぐことができる働き方になっています。

●派遣社員
契約社員と同じように期間を設定して契約・更新をしながら自動車工場で働くスタイルになっています。 手当は契約社員ほどありませんが時給は契約社員よりも高くなっていることが多いです。

また、それぞれ雇用形態の違いはあるものの基本的にはどの雇用形態であっても、働く内容に関しては大きな違いはありません。

派遣社員の仕事内容

派遣社員が自動車工場で働くにあたっては、様々な種類の工場や仕事の中から選択していくことになります。自動車工場では、効率的に自動車を製造していくために工程が細分化されています。ここでは派遣社員が自動車工場で働く仕事内容を下記に挙げていますので、それぞれ紹介していきます。

<自動車工場の仕事内容>

  • プレス
  • 溶接
  • 塗装
  • 組み立て
  • 検査

プレス

プレスの工程では、プレス機を使って1枚の鋼板を加工していきます。
加工された鋼板はドアやボンネットといった自動車のボディーパーツに使われる部品となっていて、他にも自動車の骨格となるフレームにも使われます。プレスの工程で加工したパーツを運搬や不具合のチェックまでがプレスでの作業工程となっています。

溶接

溶接の工程では、先ほどプレスの工程で加工された金属を、溶接でつなぎ合わせていきます。プレスと溶接の工程をすることで自動車の外側部分が完成します。また、溶接には資格も必要になってくるので、派遣社員であっても溶接の資格を有していれば時給が高めに設定されている自動車工場もあります。自動車工場での勤務を考えている人は溶接の資格の取得を検討してもよいでしょう。

塗装

塗装の工程では、先ほどのプレス・溶接の工程で出来上がった骨組みに色を付けていきます。一般的に塗装と聞くと一度塗り程度に考えられていますが、自動車の塗装では簡単に色がはげてしまわないように、何層にも分けて塗装していきます。基本的には電流を流した塗料にフレームを全て入れて色を付けていきますが、細部の調整に関しては人の手によって行われます。電気塗装をすることでムラなく塗装でき、電気塗装後にシーラーを塗布することで防水・防塵・防錆効果があります。

組み立て

自動車の組み立て工程では、ライン生産方式を採用しており、作業員一人ひとりが行う工程を細分化していくことで、特別な資格やスキルがなくても自動車を完成させていくことができます。基本的には、ベルトコンベアで流れてくる部品を組み立てていくので特別に覚えることはそれほどありませんが、止まることなく流れてくるため、集中力が必要な工程となっています。また、資格や知識を問わないので、経験が少なくてもできる作業工程となっています。

検査

自動車工場での検査は、最後におこなう重要な工程です。タイヤの装着状況や各種部品の検査だけでなく、走行検査もしていきます。走行検査では、エンジン音やハンドリングや乗り心地まで検査していきます。他にも計器やランプやワイパーやブレーキなど全ての動作が正常に作動しているかの確認や、高圧シャワーで水漏れしていないかの確認をしていきます。自動車の検査を全てしていくことで、検査項目は数百種類もの項目があると言われています。この全ての検査を全てクリアして初めて商品として販売されることになります。

自動車工場の派遣がきつい3つの理由

14

自動車工場で働いた経験のある人の中には、自動車工場での派遣の仕事はきついと感じたという人が多くいます。
きついと言われる原因として考えられるのが下記に挙げた3つの理由となっています。

<自動車工場の派遣がきついと言われる理由>

  • 肉体的・精神的な疲労
  • 労働環境によるもの
  • 精神的なつらさ

ここからは、これらの理由について詳しく解説していきたいと思います。

①肉体的な疲労

自動車工場での勤務は立ちっぱなしでの作業になることが多く、どうしても筋肉痛など、肉体的にきついと感じてしまう場合があります。ですが、どのような仕事であっても慣れるまではきついと感じてしまうものですし、自動車工場での勤務もある程度慣れれば肉体的なきつさも和らいでいきます。睡眠の質を向上させるなど工夫をしていくことで、体調を整えていくことができるので、肉体的にきついと感じる作業であってもこなしていくことができるようになります。

②労働環境によるもの

自動車工場のような工場勤務では、エアコンもなく暑い中での作業や、作業の効率化のために徹底した監視体制のように感じてしまいきついと感じる人もいるようです。そういった環境下での作業になると労災事故の危険性があるのではないかと思ってしまいがちですが、事前に確認することができます。面接時など入社前に確認したり、友人や知人が勤めているなら面接前にリサーチしておくことで対策することができます。

③精神的なつらさ

工場勤務は基本的にライン作業になりますので、いつまでも同じ作業の繰り返しとなってしまいます。また、コミュニケーションをとることができないなど、希薄な人間関係で精神的にきついと感じる人もいるかもしれません。ただし、コツコツと単純作業を繰り返していくことがきついと感じない人や、周囲と関わらず黙々と仕事をしたいと感じている人にとっては非常に向いている仕事です。人には向き不向きがありますので、そういった作業内容の方が向いていると感じる人にとっては、苦にならない作業だといえるでしょう。

自動車工場の派遣で働く3つのメリット

15

ここまではきついと言われる理由について紹介してきましたが、自動車工場の派遣で働くメリットもあります。ここでは3つのメリットについてご紹介致します。

メリット① 高収入

事務の仕事に比べると高収入であることがメリットです。加えて、入社すると入社祝金がもらえる求人もありますし、継続して働くと給料とは別にに10万円くらい上乗せする求人もあります。

メリット② 一人でもくもくと仕事が出来る

仕事は基本的に一人で作業します。組立や検品などマニュアルに沿って仕事をしますので、コミュニケーションが苦手な方は人間関係で悩むことは少なくなるでしょう。
入社してすぐは、機械の操作の方法や、業務のやり方を教えてくれる先輩や、教育係の社員から作業のやり方を教わりますので、仕事に慣れてしまえば何も言われなくくなるでしょう。

メリット③ 社宅費全額補助の福利厚生

特に注目した福利厚生としては、住む部屋が全額補助になることです。求人によってまちまちですが、ワンルームのアパートやマンションが全額補助されます。
ちなみにUTグループでは、敷金礼金や仲介手数料もかからないので初期費用も不要ですし、浮いた家賃分で好きなことに使えます!

まとめ

今回の記事では、自動車工場勤務の派遣はきつい噂について、その理由などを解説してきました。確かにきつい部分もあるかもしれませんが、メリットもあることが分かったと思います。また、人によって向き不向きがありますので、一概に自動車工場勤務がきついものだとは限りません。もし、これから自動車工場勤務をしようかと考えているのであれば、まずは自分にとって向いているのか確認してみましょう。

UTグループでは、製造業界で一緒に働く仲間を募集しています。
高卒や大学中退された方でも、やる気がある方を積極的に採用しています。

充実した研修制度もありますし、全く知識がなくても大丈夫です。先輩社員もいるので、仕事中分からなくなってもすぐに相談できます!

とはいえ、製造での勤務が初めての人にとって「生活は安定するのか?」「実際どんな仕事をするのか?」「社宅ってどんな感じなのか?」と疑問をお持ちの方も多いはず。

まずは「応募」していただき、面接まで進んでいただければ、どんな感じで働くのかなど詳しくお伝えします!皆さんから質問にお答え致しますので、まずは「応募」してみてください。

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.