工場への就職
更新日:2021年10月29日

今の工場を辞めたい……辞める時の悩みを解決!待遇アップのための転職も可能?

今の工場を辞めたい……辞める時の悩みを解決!待遇アップのための転職も可能?

「今の工場の給料安いから辞めたい」
「工場辞めて、次はどんな仕事をしようかな?」
「工場を辞めて転職できるか不安」

こんなお悩みを抱えていて、将来が不安に感じている人もいるのではないでしょうか?このページでは、工場を辞めたい人に向けて、工場を辞めた後に困る3つの悩みや、おすすめの職種、待遇の良い工場へ転職する時の求人票をチェックするポイントを解説していきます。

工場を辞めたい理由は?

工場勤務は、給料が高いですが、一方で作業が単純なので、作業が向いていない人であれば、辞めたいと思う人もいるでしょう。

では、どのような理由で工場勤務を辞めたいと考える人が多いのでしょうか?代表的な理由を探ってみます。

工場を辞めたい理由①単純な作業がきつい

工場の仕事でよくあるのが、ライン作業と呼ばれる仕事ですが、このラインでの勤務作業は、1日中同じ作業を繰り返すことがありますので、辞めたくなる理由になることが多いようです。時間が経つのがとても遅く感じたり、ミスができない環境のため緊張してしまいストレスになることもあります。

工場を辞めたい理由②交代制の夜勤がきつい

工場勤務の中でも、夜の交代制勤務は、生活のリズムが崩れたり、体を壊したりと、辞めたい理由として多いようです。24時間稼働させている製造工場もあるので、2~3交代制勤務の製造工場があります。夜勤をすることにより、お金をたくさん稼げますが、生活のリズムが崩れることもありますし、家族や友人との時間も合せづらくなってきます。

工場を辞めたい理由③成長できない

製造工場勤務の仕事では、単純作業や機械を使っての作業もありますので、上昇志向の人は、自分の成長が妨げになることで、工場を辞めたいという人もいるようです。単純作業は、仕事を自分で決められることが出来ないので、新しいことにチャレンジすることが出来ないみたいです。

工場を辞めたい理由④立ち作業がきつい

製造工場の作業は休憩する時間以外では立ちっぱなしで仕事をします。作業内容が単純で誰でも出来る作業ですので、居眠りを防ぐ目的もあるようですが、1日8時間以上も立って作業をしていると腰痛や肩こりになりやすでしょう。そのため、工場で作業をする人の多くはそういった体調不良に悩むことも多く、体力的な理由で辞めた人もいます。

製造工場を辞めるときに抱える3つの悩み

製造工場辞める3つの悩み

工場を辞めると決意しても、色んな心配事が出てきてしまうと思います。

ここでは工場を辞めるときに、抱える代表的な7つの悩みについて回答いたします。

製造工場3年以内の退職

よく聞く言葉として、石の上にも三年という言葉があります。昔からの言い伝えで、3年間は歯を食いしばって、仕事を頑張る。ということですが、今のこの時代に則していない格言と言えるでしょう。少子高齢化の為、企業は若手の人材採用に困っている現実があります。面接の時に、退職した理由を伝えられるなら転職活動では不利にはならないでしょう。

工場を退職する理由は何と言えばよいのか?

退職理由に嘘をついて仕事を退職する人は多いです。

「親の介護が必要になった」
「引っ越すため」
「家業を継ぐ」

等々、色んな嘘を思い浮かぶことでしょう。

でも、嘘が分かったときは自分が苦労する可能性がありますので、嘘をつくならば、本当のことを伝える方が良いでしょう。退職の話を上司にすると、色んな引き留めに合います。給料の値上げだったり、他の工場への転籍など様々な提案があると思います。その提案に乗ってみるとも良いと思いますが、辞めることを決意したのであれば、強い意思をもって退職しましょう。

退職すると収入がゼロになるので生活が出来ないのでは?

退職するにあたっては、今の工場に在籍している時に転職活動を行い、次の工場先から「内定」をもらっておくことは必須です。

貯金を使って生活することも出来ると思いますが、貯金が無くなってからでは遅いのです。

収入が無くなってしまうと、焦ってしまい、取り合えず内定はもらったけど、実際に働いてみたらブラック企業で、前の工場の方が良かった。なんていう話もよく聞きます。

工場勤務を辞めた後におすすめの職種は?

おすすめの転職

工場勤務を辞めて、まず最初に検討するべきこととして、別の工場に転職することです!

今までの経験を活かすことが転職に優位になることでしょう。加えて、給料も今よりも高い工場の求人を探すことにして下さい。今、働いている工場に不満があるならば、一度、同じ業界で転職活動をするほうが良いでしょう。

それでも、他の職種で自分を試してみたい考えもあるでしょう。他の職種について参考までに、ご紹介致します。

おすすめその1.20代ならポテンシャル採用にチャレンジしてみよう

今の日本は、少子高齢化が進み、企業側はこれから将来に活躍できる若い人材を集めていますが、若者を集めることにかなり苦労しています。

あなたが、もし20代であれば、ポテンシャル採用を掲げている企業への転職のチャンスがあります。

「ポテンシャル採用」とは?若い人材の潜在能力を評価する採用です。未経験でも若さと、新しいことにチャレンジする姿勢があれば採用される可能性は高いです。

おすすめその2.未経験大歓迎の職種にチャレンジしてみよう

先ほども、若い人材を採用していることに苦労をしている点を紹介しましたが、未経験者の採用をしている会社もあります。

求人に未経験者歓迎!というのを見たことはありませんか?

売上が上昇している会社や、新規事業を考えている会社などは、早く人材を集める必要がありますので、未経験者を募集していることが多いです。

例としてあげるならば、未経験者で募集している求人の職種には、技術職、営業職、販売職、企画職が多く見られます。

おすすめその3.技術職

技術職は理系の大学を卒業していないと、就職や転職が出来ないと思っている人が多いのですが、将来の会社の為に若い人材を育成して、WEBエンジニアやシステムエンジニアを募集している会社もあります。

IT関係のエンジニアの場合、未経験者でも、スキルを学びながら育成している会社もたくさんあります。パソコンが好きな人は、是非目指して欲しい職種です。

おすすめその4.営業職

人と会話することが好きな人や、コミュニケーション能力がある人は、営業職にチャレンジしてみて下さい。

未経験でも、ちゃんと営業マニュアルがありますし、先輩社員が営業トークを教えてくれます。

一度やり方を覚えてしまえば、色んな営業職で活躍することが期待できます。営業ノルマは大変だと思いますが、給料とは別にインセンティブをもらえる会社もありますので、給料の大幅アップも見込めるでしょう。

おすすめその5.販売職

販売職は、お店や店舗でお客様に商品を販売する仕事です。

営業と似ている部分はありますが、販売職は、言葉遣いや礼儀・真面目な態度が必須です。営業職と販売職ではスタイルが異なりますので、どちらがあなたのタイプに合っているか、よく考えましょう。

おすすめその6.企画職

企画職とは、商品やサービスを、どのようにして販売していくのかを考えることです。

人気の職ですので、未経験ではあまり募集をしていませんが、営業や販売を経験してから、企画職やマーケティング職になるのが一般的です。まずは、現場で商品やサービスの知識を付けるところからスタートして下さい。

他の工場に転職するときに求人のチェックポイントとは?

ここまで、工場を辞めたい理由や、工場を辞めるときに抱える悩みや、転職でおすすめする職種について説明して参りました。

最後に、工場を辞めて他の工場の正社員になる上で、チェックしておいた方が良い求人内容に関して説明します。

UTグループの求人例で説明すると、チェックポイントは3つです。

UTグループ求人例

①入社祝い金や社宅の補助があるか?
②月収は幾らもらえるのか?
③勤務時間や休暇はいつなのか?

上記3点を必ずチェックするようにしましょう。
UTグループでは、製造業界で一緒に働く仲間を募集しています。 高卒や大学中退された方でも、やる気がある方を積極的に採用しています。
充実した研修制度もありますし、全く知識がなくても大丈夫です。先輩社員もいるので、仕事中分からなくなってもすぐに相談できます!
まずは「応募」していただき、面接まで進んでいただければ、どんな感じで働くのかなど詳しくお伝えします!皆さんから質問にお答え致しますので、まずは「応募」してみてください。

関連記事

© 2022 UT Group Co., Ltd. All Rights Reserved.